So-net無料ブログ作成

アラスカ・シューアード空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018年10月作成(データは作成時のものです)  



無題8.png
SkyVector.com

アラスカ州シューアードにある「シューアード空港」。

前記事の「ロウウィング空港」の南南西約31kmにあります。

1947年4月開設のアラスカ州運輸公共施設局(DOT&PF)所有の空港で、

1382 x 30 mと、698 x 23 m、2本の舗装滑走路を有しています。

Wikiによりますと、この空港は第二次世界大戦中にWalseth空軍基地として建設されました。

1947年4月に閉鎖され、戦争資産管理局からアラスカ州に引き継がれました。

AirNavでは1947年4月開設とあるので、すぐに民間空港になったみたいですね。

以前は定期便がありましたが、現在定期便はありません。

2017年の1年間、1日に29便の運航があり、内訳は、

エアタクシー43%、トランジットゼネアビ38%、ローカルゼネアビ19%、軍用<1%でした。

24機の単発機が当空港を定置場にしていました。




     アラスカ・シューアード空港        
シューアード空港 データ
Owner:ALASKA DOT&PF CENTRAL REGION
空港種別:Open to the public
IATA Code:SWD
ICAO Code:PAWD
FAA Code:LID
標 高:22.2 ft. / 7 m
標 点:N60°7.80' / W149°25.01'
滑走路:(磁方位、長さ フィート/メートル、表面、状態)
・Runway 13/31 4533 x 100 ft. / 1382 x 30 m asphalt, in good condition
・Runway 16/34 2289 x 75 ft. / 698 x 23 m asphalt, in good condition

関連サイト:
Airnav/Seward Airport 


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。