So-net無料ブログ作成

アメリカ・シトカ・ロッキー・グティエレス空港 [├海外の空港、飛行場]

   2017/08 作成:(情報は作成時のものです。ご了承くださいませ)   



無題4.png
skyvector.com

アラスカ州シトカにある「シトカ・ロッキー・グティエレス空港」。

1969年12月開設の州立の公共用空港で、1本の舗装滑走路を有しています。

ちょっと長い空港名は、シトカ元市長の「ロッキー・グティエレス」にちなんで名付けられました。

上のグーグルマップをご覧の通りで、この空港は島を埋立てて建設したものなのですが、

島の名前が「ヤポンスキー」です。

アラスカ州の中でも、特にロシアに近い場所でもないのに、何故にロシア語で日本人??

と思ったのですが、Wiki/Japonski Island によれば、1805年そこに日本人漁師がいたことから、

ロシア人が島の名前をヤポンスキーと名付けたのだそうです(アラスカがアメリカ領になったのは1867年)。


当空港を単発機21、双発機4、軍用機3が定置場にしています。

2017年3月までの1年間、1日平均64機の運航があり、その内訳は、

エアタクシー42%、一時的ゼネアビ30%、ゼネアビ14%、商用8%、軍用6% でした。

連邦航空局の記録によると、2008年に68,197人の搭乗がありました。

かなりの規模の空港なのに、公式サイトがないという。。。


空港には、搭乗客のための諸施設の他にも、米国沿岸警備隊航空局が運用するヘリ用施設、

民間航空パトロール、様々な民間企業向けのハンガーとオフィスもあります。

当空港は暴風雨に曝されること、鳥がたくさん集まってくることから、airfarewatchdog.com で、

「世界で最もスリル満点な10空港」の1つとして載せられているのだそうです。

アラスカ航空の当空港への就航は、約50年に及んでおり、

1967年に、シアトル - シトカ - アンカレッジ - ウナラクレー - ノーム - コッツェブエの往復ルートを開設していました。

当時の使用機材は、B727-100でした。

航空会社 / 行先
Alaska Airlines / Juneau, Ketchikan, Seattle/Tacoma
Delta Connection / Seasonal: Seattle/Tacoma




     アメリカ・シトカ・ロッキー・グティエレス空港      


シトカ・ロッキー・グティエレス空港 データ
設置管理者:State of Alaska DOT&PF
空港種別:Public
3レター:SIT
4レター:PASI
標 高:26 ft / 8 m
標 点:57°02′50″N 135°21′42″W
滑走路:(磁方位、長さ フィート、メートル、表面、状態)
11/29     7,200     2,195     Asphalt  good condition

関連サイト:
Wiki/Sitka Rocky Gutierrez Airport  

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。