SSブログ

台湾・屏東(南)飛行場跡地 [└日本統治時代の飛行場]

   (未訪問)  




台湾南部、屏東縣屏東(へいとう)市にある「屏東空港」。

軍民共用空港だった時期もありますが、現在は中華民国空軍の飛行場です。

元々は台湾総督府が建設した飛行場で、中国語版Wiki/屏東機場によれば、台湾最初の飛行場「屏東飛行場」でした。

「盟軍記載的二戰臺灣機場」(下記リンク参照)によれば、

当飛行場は連合軍によりMAD(Medium Bomber Airfield:中爆撃機飛行場)に分類されていました。

また「日治下臺南永康機場的時空記憶」(下記リンク参照)によりますと、

接収時に撤廃された11の陸軍飛行場の1つに数えられています。

 ■防衛研究所収蔵資料「飛行場記録 内地(千島、樺太、北海道、朝鮮、台湾を含む) 昭和十九、四、二〇調製 第一航空軍司令部」

に屏東飛行場 1/10,000 の要図があり、先頭のグーグルマップはこの図から作図しました。

(位置決め、滑走路と誘導路は、AMS/Heitoを使用しました。下記リンク参照)

要図には、現在と同じく敷地北側に飛行団、航空廠、部隊といった施設があったこと、

敷地西側は陸軍用地で、爆撃場であったこと、恒風:西、稀なる恒風:北西等書かれていました。

同資料の情報を以下引用させて頂きます。

位置 
 高雄州屏東市栄蘭(高雄市街西方二粁)
地表面の状況
 概ね平坦にして芝密生しありて良好なるも中央部若
 干凹地 
付属設備
 格納庫二〇〇平方米四棟 五二〇平方米一棟
    一二〇〇平方米一棟 計六棟
 燃料庫 材料庫 水道修理場施設あり
 宿舎 四棟 収容力一,〇〇〇名
 其の他昼間標識あり
飛行場
 開闊にして主方向に対しては離着陸を妨げず
気象
 雨期排水不良にして水溜を生し地面稍軟弱となる
交通通信
 潮州線屏東駅より二粁
 屏東市より高雄、恒春に通ずる道路あり
 固定無線電信所あり
其の他
 (記載無し)




こちらは、U.S. Army Map Service/Heito から作図しました。

1,200mだった滑走路の西端が延長して1,650mになりました。

誘導路が北に向かって伸びていますが、残念ながら参考にした地図の北側が見切れているため、

ここまでしか作図できませんでした。

上のグーグルマップをスクロールして頂きますと、

北東約4kmにも舗装滑走路があり、両者は2本の平行誘導路で結ばれています。

この滑走路については次の記事で。



     台湾・屏東(南)飛行場跡地         
・屏東飛行場跡地(昭和19年資料) データ
設置管理者:台湾総督府→日本陸軍
種 別:陸上飛行場
所在地:高雄州屏東市栄蘭
飛行地区:1,400mx800m
滑走路:1,200mx100m(1,650mに延長)
方 位:09/27
(滑走路長さはグーグルアースから。他は防研資料から)

・屏東空港(現在) データ
管理者:空軍司令部
種 別:軍用空港
3レター:PIF
4レター:RCSQ
所在地:中華民国屏東県屏東市中暁路
座 標:22°42′00″ N 120°28′56″ E
標 高:20m
滑走路:2,442mx45m(08/26)、2,400mx45m(09/27)アスファルトコンクリート
(標高、滑走路長さはグーグルアースから。他は中国語版Wiki/屏東機場から)

沿革
1920年11月 21日 台湾初の飛行場「平兵衛飛行場」開設。台湾総督府警務局航空班使用
1927年    太刀洗から飛行第8連隊が移駐、陸軍飛行場となる
1936年08月 1日 日本航空輸送会社、台湾内部ルート開設(1940年まで)
1945年    終戦。飛行場は中華民国空軍が使用
1994年11月 28日 民間航空事業
2005年05月 新ターミナルビル完成
2011年08月 11日 民間機運行停止
     09月 1日 通信省民間航空局、民間航空の運用廃止。国防省空軍司令部に移管

関連サイト:
U.S. Army Map Service/Heito 
日治下臺南永康機場的時空記憶(5コマ) 
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料「飛行場記録 内地(千島、樺太、北海道、朝鮮、台湾を含む) 昭和十九、四、二〇調製 第一航空軍司令部」


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る