SSブログ

山口県・和佐基地跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2024年5月訪問  



4.png
撮影年月日1947/03/12(昭22)(USA M114 54) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

山口県大島郡周防大島町和佐海岸。

大戦末期、ここに海軍の「和佐基地」がありました。

基地を設営し、浜辺で水上機の訓練を実施したのですが、ここは非常に特異な基地でした。

当基地については、ブログ大日本者神國也 の盡忠報國様から送って頂いた情報で初めて知りました。

以下、送って頂いた資料から一部引用させて頂きます。

盡忠報國様、貴重な資料をどうもありがとうございましたm(_ _)m


六三一空の訓練状況
「晴嵐」の航空隊六三一空は、十九年十二月十五日、鹿島空内に開隊したが、先にも述べたように、「晴嵐」は横空水上機班で実験飛行中だったので、開隊時には「晴嵐」の配属は一機もなかった。
 二十年一月はじめには、実験機二機を含め「晴嵐」は四機となった(中略)
 さて、呉空における六三一空の飛行訓練はこうしてはじめられたが、呉空は山が迫っているなど空域が意外に狭く、水偵ならまだしも、高速、高性能な「晴嵐」「瑞雲」の訓練には不向きであった。
 事実、藤村昌一、園田直両上飛曹の「瑞雲」が空中事故を起こして殉職するという状況だったので、訓練適地を他にもとめることになり、福永飛行長と浅村飛行隊長が空から探した結果、瀬戸内海屋代島の和佐海岸を選定した。このため、私たち六三一空基地要員も早速、連絡船で和佐に渡り、海岸周辺の民家数軒を借り受け、三月五日、にわか造りの基地を設営した。
 かくて、二、三日後、有泉司令は軍令部の藤森参謀に電話を入れ、「瀬戸内海屋代島の和佐に訓練基地を設けた。訓練状況を見て欲しい」
 と連絡したので、同参謀は直ちに呉に出向き、呉空から出迎えの「晴嵐」で和佐に飛び、訓練状況を視察した。
 視察後、藤森参謀は有泉司令に、「『晴嵐』の着水状態が悪いなあ」
 と言ったところ、司令は笑いながら、「そうなんだ。しかし、あんまり着水せんでもいいからなあ。(実戦では大型爆弾を積むためフロートを着けないで発進し、帰投時は胴体着水して機体は海没放棄、搭乗員だけを収容することに
なっていたことを意味する)、でも、ひっくり返ってはいかんなあ」
 と答えたあと、「立派に決行するよ」
 と決意を述べた。(中略)

 一方、屋代島の和佐基地は呉空にかわる適地として選ばれた水上機基地だったが、当然のことながら和佐の海岸は砂浜のため、「晴嵐」がエンジンをふかすと砂が舞い上がり、これが機体の組み立てジョイント部分に入り込み、再三トラブルを起こすなど、和佐海岸も「晴嵐」の訓練基地としては不適当であった。
 また、三月十九日には米艦載機による呉軍港急襲があったし、二十七、三十日の両日には、B29により瀬戸内海西部海域一帯におびただしい投下機雷が敷設され、この時期、瀬戸内海はすっかり危険海面に一変し、「潜水空母」の訓練どころではなくなっていた。


ということで、ここは「晴嵐」の訓練のために使用された基地でした。

「潜水空母」などという、まるでSFの世界の架空兵器のような、当時世界最大の潜水艦「伊四百」。

「晴嵐」は、そこに搭載される水上攻撃機だったのですね。

乗りものニュース:「潜水空母」伊四百型はなぜ生まれ、何を残した? 旧海軍、乾坤一擲の「秘密兵器」

にて「伊四百」について分かり易く扱われていました。
 

DSC_2898_00001.jpgDSC_2900_00001.jpgDSC_2904_00001.jpg
赤マーカー地点周辺

大戦末期、ここで「潜水空母搭載型水上攻撃機」という、世界に類を見ない水上機の訓練が行われていたのですね。

しかしキレイな砂浜と海です。




     山口県・和佐基地跡地         
和佐基地 データ
設置管理者:海軍
種 別:水上機基地
所在地:〒742-2518 山口県大島郡周防大島町和佐
座 標:33°54'54.6"N 132°22'51.3"E
(座標はグーグルアースから)

沿革
1945年03月 5日 訓練基地として選定。周辺の民家数軒を借り受け、基地設営
       27日,30日 瀬戸内海西部海域一帯に大量の投下機雷が敷設され、危険海面となる

関連サイト:
ブログ内関連記事


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広島県・港湾監視所跡 [├場所]

   2024年4月訪問  



 
広島県呉市。

アレイからすこじま駐車場(観光客用無料駐車場)隣に「港湾監視所跡」があります。


DSC_2869_00001.jpg
赤マーカー地点。

崖の上にあり、見上げる格好ですが道路からよく見えます。


DSC_2871_00001.jpgDSC_2875_00001.jpgDSC_2873_00001.jpg




DSC_2893_00001.jpg
青マーカー地点。

港湾監視所跡から徒歩で250mほどの場所なんですが、この階段を上っていくと、


DSC_2892_00001.jpg
ここにも戦跡があります。

以下ずらずらと。


DSC_2881_00001.jpgDSC_2884_00001.jpgDSC_2887_00001.jpgDSC_2889_00001.jpgDSC_2890_00001.jpgDSC_2891_00001.jpg


複数の地元サイト様で扱われているのですが、グーグルマップではまだ特に名称付いていないです。

先のものとは形が全くことなりますね。

監的壕 とちょっと似ているような…




      広島県・港湾監視所跡         
港湾監視所跡 データ
所在地:広島県呉市昭和町6-26
座 標:34°13'26.4"N 132°33'08.8"E
標 高:28m
(座標、標高はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広島県・江田島の飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2024年5月訪問  



無題d.png
撮影年月日1962/07/30(昭37)(MCG628 C25A 8) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)


広島県江田島市にある 海上自衛隊第1術科学校大原訓練場。

戦後、進駐軍によってここに滑走路が建設されました。

当飛行場につきましては、ブログ:「江田島って・・・どんなとこ?」様から全面的に情報頂きました。

探し物をしていてたまたまブログを拝見して初めてこの飛行場の存在を知ったのですが、

Google、アジ歴、国立国会図書館デジタルコレクション、埼玉県立図書館で検索しても、

当飛行場に関する情報は一切出てきません。

管理人のわき様が地元取材を元に徹底的に調べて内容をまとめたブログ記事が唯一無二のものです。

そんな訳で、当飛行場について詳しくは、

ブログ:「江田島って・・・どんなとこ?」大原特借宿舎 大原飛行場跡地 

をご覧くださいませ。

関連情報を徹底的に調べ上げておられ、凄いの一言です。

オイラも見倣わねば。

管理人のわき様、掲載快諾下さり、どうもありがとうございましたm(_ _)m

 
当飛行場は、規模と致しましては、未舗装の800m級滑走路です。

「進駐軍が新規で建設した小規模滑走路」としては、

岩手県の「見前滑走路」 
神奈川県の「伊勢佐木町(若葉)飛行場」 「間門飛行場」 
長野県軽井沢の飛行場跡地 

等あります。

軽井沢の飛行場は休暇でゴルフを楽しむ将校用なので別として、

他は連絡、通信用でした。

当飛行場も恐らく同じ用途なのではないかと。


DSC_2857_00001.jpg
赤マーカー地点。

滑走路北端付近。

黄色矢印方向に滑走路が伸びてました。

先頭のグーグルマップ、航空写真をご覧頂いた方が早いのですが、滑走路として使用していた当時は、

画面奥に向って滑走路を横切る道路はなく、画面左側にも少し滑走路が続いてました。


DSC_2860_00001.jpg
滑走路方向に沿った道路。


DSC_2862_00001.jpg
フェンスと緑に阻まれるのですが、ちょっとだけ滑走路跡が見えました。


DSC_2866_00001.jpg
青マーカー地点。

滑走路のある場所は埋立地なんですが、水路を暗渠化して滑走路にしてたんですね。




     広島県・江田島の飛行場跡地         
江田島の飛行場 データ
設置管理者:進駐軍
種 別:陸上飛行場
所在地:広島県江田島市江田島町大原官有地
座 標:34°15'08.5"N 132°27'02.7"E
標 高:7m
滑走路:830mx40m(最大)
方 位:01/19
(座標、標高、滑走路長さ、方位はグーグルアースから)

沿革
1947年 この頃から約8年間運用していたと思われる

関連サイト:
「江田島って・・・どんなとこ?」大原特借宿舎 大原飛行場跡地 
ブログ内関連記事  


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中四国九州・2 [■旅行記]


Ⓐ福石PA→Ⓑ道口PA→ⓒ江田島の飛行場跡地→Ⓓ港湾監視所跡→Ⓔ和佐基地跡地→Ⓕ八幡IC→ⒼB29墜落地点→Ⓗ直方飛行場跡地→(多々良航空基地跡地)→Ⓐ九州飛行機香椎工場スベリ跡→Ⓑ名島飛行場跡地→ⓒリンドバーグ飛来記念写真パネル→Ⓓ博多海軍航空隊跡地→Ⓔ道の駅むなかた(車中泊)


2日目

3:15 起床。気温9℃

3:45 福石PA 出発

4:45 道口PA

広島県の高屋ICで高速降りて、江田島へ。

その後、広島の中心部を越えて山口県へ。

広島中心部は渋滞がもの凄いので、有料道路利用。

10:30 玖珂PA

11:20 給油(航続距離あと30kmだった)

15:05 八幡ICから高速に乗って福岡県へ。

福岡県に入って1ヵ所目、直方で滑走路跡の角を撮ってたら、

小学生くらいの女の子たちが「誰かアミ持ってませんかー?」

と言いながらこちらに向かって走って来た(決してオイラに向って言ってない)ので、

「持ってませーん」と言ったら、「あー」と言いながらズッコケていた。

(水路にボールを落としちゃったらしい)

普段のオイラなら絶対こんなノリじゃないのに、

跡地周って知らない土地で動いてるせいで、なんか変なテンションになってた。

通報されなかったかしらん。

名島飛行場跡地で碑の近くにやはり小学生くらいの男の子がいたけど、

構わず碑をカシャカシャ撮ってたら、

「ここに何かあるんですか?」と話し掛けられた。

「ここは昔、飛行場だったんだよ」

「エッ、飛行場!?」

興味ありそうな反応だったので、飛行場といっても、ここから海でね〜

とか話し始めたら、急速に興味を失い、「そうなんだ〜」と言いながら

さりげなく立ち去られました(o ̄∇ ̄o)フフ


DSC_2938_00001.jpgDSC_2940_00001.jpg


次、博多海軍航空隊跡をうろつく。

ここはすっかり美しい公園に整備されており、かつて水上機地があったとは思えない場所なのですが、

基地があった証として航空隊の碑がどこかにあるのです。

自宅で調べた際、この碑がおおよその場所しか分からず、探し回って見つけられるかどうか、

出たとこ勝負だったのですが、あきらめかけた頃やっと発見。

無事見つかって超嬉しい(;´Д⊂)

碑をカシャカシャ撮ったところで18:30。

本日の撮影はここまで。

次の目的地は同じ福岡県の糸島市。

ここから約50km先で、その途中に道の駅はないかと探したのですが、

道の駅はここから30kmほど逆方向なのでした。

19:20 地元のスーパーで本日の夕食と明日の朝食購入。

20:25 道の駅むなかた着

20:55 寝る

おやすみなさい

本日の走行距離:731km


再訪の場所は既存記事に追記してあります。

福岡第二飛行場(名島水上飛行場)跡地 
博多海軍航空基地跡地 



(続きます)

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る