SSブログ

都野津町付近着陸場跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2023年12月訪問  



無題3.png
撮影年月日1947/10/03(USA R514-4 119) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)


島根県江津市都野津(つのづ)町、二宮町にあった「都野津町付近着陸場」。

防衛研究所収蔵資料:「昭和10年11月 刊行 中国及四国地方不時着陸場 水路部」に当着陸場の地図があり、

先頭のグーグルマップはそこから作図しました。

同資料の情報を以下引用させて頂きます。

都野津町付近(昭和10年2月調)
島根県那賀郡都野津町、同郡二宮村(都野津町北西方約0.8粁)

着陸場の状況
高さ 平均水面上約3米。
広さ及形状 着陸地域は都野津町西方海岸波打際に沿う開示?の長さ北東-
南西約700米、幅北西-南東約80米の細長き長方形地区なり(付図参照)。
地表の土質 沙。
地面の状況 海岸波打際に沿い緩除なる波状の起伏あるも凸凹なし・概し
て海岸に向け緩傾斜を成す平坦地なり・着陸地域の地表は細き沙浜にして普通
の歩行にて靴を約3糎沙に没入する程度なるを以て車輪は相当に没入すべし・
潮差は平均約0.6米にして大なる影響なきも高潮時波浪高きときは使用し得ず
・同地域の南東外側は沙丘にして起伏及凸凹あり・西半部を横断する小流は降
水時以外は常時殆ど涸川にして此の下流は「コンクリート」造の排水暗渠と成
り上面は沙を以て覆われ視認し得ざるも着陸に支障とならず。
場内の障碍物 着陸地域付近の海岸に漂着物、網小屋、乾燥中の漁網及陸
揚しある漁船等あることあり。
適当なる着陸方向 海岸線に並行に進入着陸するを適当とす。
着陸上注意すべき点 車輪没入の処あるを以て重飛行機は特に注意を要す
・嘗て民間機着陸の際車輪を沙中に没入し□□を小破せしことありと言う又陸
軍機は離着陸に支障なかりしも発動機内に多量の沙塵を吸入せるものの如しと
言う。

砂浜を利用した飛行場は幾つか事例がありますが、

青森県の淋代海岸のように、「ハーフ・ベイクド・クレイ」と称される程硬くしまっている砂浜があるかと思えば、

ここは普通に歩いても靴が3cm沈むとか、ヒコーキが壊れるとか、エンジンに砂大量に吸い込むとかありますから、

フカフカですね^^;

これは余程のことがないと降りたくないかも。

資料内には、当着陸場がドコの管理下に置かれているか記されていません。

乾燥中の漁網、陸揚した漁船があるかも。などとあり運用も結構ゆるゆるな感じなので、

地元の漁村前の砂浜を文字通り不時着陸場に設定している(させて頂いている)。

という感じなのかもしれません。

いつからいつまでここが「不時着陸場」として設定されていたかも不明なんですが、

上に貼った1947年の航空写真を見る限り、

昭和10年の地図にある着陸場としての状態を維持しているような気がします。

昭和10年当時暗渠化されていたところ、グーグルマップで見ると、

現在は海岸に向かっていた水路が直角に曲がってますが、これは排水暗渠の名残なんでしょうか。

現在は一部緑地化していますが、掘ればコンクリの構造物が出てくるのかしらん。

この暗渠も、純粋に離着陸のための工事だったかは不明なんですが、

ほったらかしのような、それなりに手の込んでいるような、不思議な着陸場です(個人の感想です)。


DSC_1767_00001.jpg

赤マーカー地点。

滑走路方向



     島根県・都野津町付近着陸場跡地         
都野津町付近着陸場 データ
種 別:不時着陸場
所在地:島根県那賀郡都野津町、同郡二宮村(現・江津市都野津町都野津、二宮町神主)
座 標:N34°59′19″E132°10′59″
標 高:3m
着陸場:700mx80m
方 位:04/22
(座標、方位はグーグルアースから)

沿革
1935年 この当時不時着陸場だった  


関連サイト:
ブログ内関連記事 

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「昭和10年11月 刊行 中国及四国地方不時着陸場 水路部」



共通テーマ:趣味・カルチャー

■旅行記・リスト■ [■旅行記]

2000年 
沖縄・1 
沖縄・2 
沖縄・3 
沖縄・4 

2003年 
新潟,石川・1 
新潟,石川・2 
新潟,石川・3 
新潟,石川・4 

2004年 
沖縄・1 
沖縄・2 
沖縄・3 
沖縄・4 
沖縄・5 
関東 
東北・1 
東北・2 
東北・3 
九州・1 
九州・2 
阿蘇山  

2005年 
御巣鷹の尾根 
東北・1 
東北・2  

2006年
先島・1  
先島・2  
先島・3  
先島・4  
先島・5  
先島・6  
沖縄・1 
沖縄・2 
沖縄・3 
新潟 
高知
 
YS-11 搭乗記  
九州・1   
九州・2(1)   
九州・2(2)   
九州・3   
九州・4,5   
アメリカ・1   
アメリカ・2
   
アメリカ・3
  
アメリカ・4   
アメリカ・5
   

2007年
新潟空港 
沖縄行ってきます
とり@那覇市
とり@今夜も那覇市
うりずんにご用心!
沖縄旅行・1 那覇、南大東島
沖縄旅行・2 シュガートレイン、日没
沖縄旅行・3 海軍棒、塩屋海岸
沖縄旅行・4 北大東島の日没
沖縄旅行・5 沖縄最東端
沖縄旅行・6 波照間行き
沖縄旅行・7 日本最南端の碑
沖縄旅行・8 波照間空港
沖縄旅行・9 「さようならT先生」
沖縄旅行・10 久米島
沖縄旅行・11 ゴッパチドライブ
沖縄旅行・12
調布飛行場→神戸空港
JAPCON 新社屋落成式典
C58-16
神割崎
志津川湾
入港
出港
新潟港
車中泊
東北旅行・2日目
東北旅行・3日目
中部 車中泊 その1(奈良井木曽の大橋の話)
中部 車中泊 その2(ガス欠でピンチ!の話)
中部 車中泊 その3(滑空場の夕日がキレイだったという話)
中部 車中泊 その4(おんじの話)
中部 車中泊 その5(紅葉がキレイだった話)
沖縄旅行 その1(自宅から那覇へ移動した話)
沖縄旅行 その2(ひめゆりの塔、那覇タワー、海中道路、アメリカンビレッジ)
沖縄旅行 その3(やんばる亜熱帯園、今帰仁城跡)
沖縄旅行 その4(首里城、居酒屋)
沖縄旅行 その5(自宅に戻った話)

2008年
新潟・1(自宅から山越えして新潟に向かった話)
新潟・2(新潟空港と港をうろついた話)
新潟・3(自宅に帰る話)
沖縄行き・1(すっごいドキドキした話)
沖縄行き・2(瀬長島でヒコーキ見物の話)
沖縄行き・3(瀬長島で野球見物の話)
沖縄行き・4(4日分かよっ!という話)
また沖縄・1 首里城取り止め!(ふくさんがやってくれた話)
また沖縄・2 那覇タワー(那覇タワーイイ!という話)
また沖縄・3 美ら海水族館(美ら海水族館に行った話)
また沖縄・4 滑走路の行方(滑走路をうろついた話)
また沖縄・5(帰る話)
高校生日記・01(東京駅のホームに至るまでの話)
高校生日記・02(テツをやめた話)
高校生日記・03(鹿児島で右往左往の話)
高校生日記・04(とってもお世話になった話)
高校生日記・05(船乗りにパシらされる話)
高校生日記・06(甘酸っぱくない話)
高校生日記・07(兄さんにパシらされる話)
高校生日記・08(戻る話)
北海道・1(場所確保大事!という話)
北海道・2(部屋に入れない話)
北海道・3(性格変えないといけない話)
北海道・4(人のカメラに触った話)
北海道・5(雨で大ショック!の話)
北海道・6(お巡りさんに「全然寒くないです」と言い張った話)
北海道・7(6月なのに震えた話)
北海道・8(ノリ弁の美味しさに涙した話)
北海道・9(人の話はちゃんと聞かないとダメ!という話)
中国、四国・1(風呂に入れなかった話)
中国、四国・2(四国に入った話)
中国、四国・3(天気予報に引っ張り回される話)
中国、四国・4(エンジンブレーキの話)
新潟、山形、福島旅行(ふくスカにいく前にあちこちうろついた話)
グアム・1(シャワーの使い方が分からない話)
グアム・2
(見えない、食べられない、動けない話)
グアム・3
(オイラは踊れないという話)
グアム・4(オイラは英語しゃべれないという話)
グアム・5(きっぱり断れない話)
グアム・6(信頼されない、見つけられない、負けられない話)
グアム・7(発見できない、給油できない、買い物できない話)
グアム・8(フォーマル持ってない話)
グアム・9(特売の大根の話)

2009年 
北海道旅行・1(老人パワーに負けた話)       
北海道旅行・2
(寒さに負けた話)    
北海道旅行・3
(思い出に負けた話)        
北海道旅行・4
(サイクリングに負けた話)      
北海道旅行・5
(渋滞に負けた話)       
北海道旅行・6
(悪天候に負けた話) 
九州旅行・1日目(SF社長にお会いした話)  
九州旅行・2日目(ホバークラフトに乗った話)  
九州旅行・3日目
(掩体壕を見まくった話) 
九州旅行・4日目(上)(火山灰がすごかった話)  
九州旅行・4日目(下)
(島の生活の話) 
九州旅行・5日目
(島から鹿児島に上がった話)  
九州旅行・6日目
(戻った話) 
また九州・1日目
(車でGO! の話)  
また九州・2日目
(種子島、屋久島に行った話)  
また九州・3日目
(福江、博多に行った話)     
また九州・4日目(関西に行った話) 
また九州・5日目(南紀、名古屋に行った話) 

2010年
(小)雪の新潟空港(R/W10エンドに行った話)
北海道旅行・1(見る所多くて大変な話)
北海道旅行・2(カラスに襲われた話)
甲子園に行った話     
北海道旅行・3(カメになりそうだった話)
北海道旅行・4
(大回りをした話)
北海道旅行・5(ギリギリセーフの話)
北海道旅行・6(大ショックだった話)
富士山(など)の写真(富士さんとかの写真の話)

2011年  
新潟紀行(日帰りドライブの話) 
北部九州旅行・1
(博多港に辿り着けず!!>< の話) 
北部九州旅行・2
(何もかもうまくいかない話) 
甲子園紀行
(また甲子園に行った話) 
北部九州旅行・3(いろいろ捕まる話) 
北部九州旅行・4(1日2島回った話) 
北部九州旅行・5(毛虫に襲われた話) 
南九州旅行・1(資料忘れた話) 
南九州旅行・2(お風呂を探して彷徨った話) 
ふくスカ・リンゴ祭り(ふくスカに行った話) 
南九州旅行・3(雨が降り始めた話) 
南九州旅行・4
(すんごい降ってた話) 
南九州旅行・5(帰った話)  
日帰り新潟(新潟をコンプした話) 
東北旅行・1(秋田をコンプした話) 
東北旅行・2(青森をコンプした話) 
東北旅行・3(岩手をコンプできなかった話) 
東北旅行・4(山形県、宮城県をコンプできなかった話) 
東北旅行・5(福島県をコンプした話) 
(福島と)栃木へ行った話・1(詳しくは書いてないけど、前回の旅行で詐欺に遭ったことが判明した話・怒) 
栃木に行った話・2(ふくスカに行った帰りに栃木に寄っているので2から始まってる話) 
栃木へ行った話・3(丸2日費やしても栃木回りきれなかった話) 
中部・近畿旅行・1(連続で閉まってた話) 
中部・近畿旅行・2(夕焼けがキレイだった話) 
中部・近畿旅行・3(山で彷徨った話) 
中部・近畿旅行・4(お風呂に入れなかった話) 
中部・近畿旅行・5(またまた空振りだった話) 
名古屋に行った話(そのままの話) 
日帰り栃木(栃木でアチコチ寄った話) 
吉見百穴と新田荘歴史資料館に行った話(あかでみっくな一日だった話) 

2012年  
沖縄旅行・1(とてもはかどった話) 
沖縄旅行・2(牛さんと船に乗った話) 
沖縄旅行・3(酔った話) 
沖縄旅行・4
(最北端の話) 
沖縄旅行・5(頭痛腰痛に悩まされた話) 
沖縄旅行・6(自宅に戻った話) 
東京・埼玉に行った話(日帰り見学) 
千葉県を回った話・1(結構回れた話) 
千葉県を回った話・2(宿題がいっぱい残った話) 
2012 ふくスカ りんご祭り・1(今年もふくスカに行った話) 
2012 ふくスカ りんご祭り・2(メインイベントの話) 
東北、茨城に行った話・1日目(今年も東北を回った話) 
東北、茨城に行った話・2日目(夕焼けが怖かった話) 
東北、茨城に行った話・3日目(茨城の長老からいろいろ教えていただいた話) 
近畿、中国に行った話・1(お客さんのお宅から直行した話) 
箱根(親戚と箱根に行った話) 
近畿、中国に行った話・2(日没に追われた話) 
近畿、中国に行った話・3(競馬場に入った話) 
近畿、中国に行った話・4(脱輪しかけた話) 
近畿、中国に行った話・5(滑走路まで辿り着けなかった話) 
(福島と)茨城に行った話・1(報われない話) 
茨城に行った話・2(入れない話) 
九州に行った話・1(出られない話) 
九州に行った話・2(鹿児島の親切なおぢさんたちの話) 
九州に行った話・3(ドア開けられた話) 
九州に行った話・4(自重した話) 
九州に行った話・5(雨に追いかけられた話) 
中国地方に行った話・1(また出掛けた話) 
中国地方に行った話・2(痛恨のミス!!の話) 
中国地方に行った話・3(太平洋側に行った話) 
中国地方に行った話・4(ステキなシーザーサラダおじさんの話) 
てつのくじら館(掃海艇の任務に驚いた話) 
大和ミュージアム(小さく造ろうとしていた話) 
中国地方に行った話・5(危なかった話) 
栃木県と茨城県に行った話(弟と回った話) 

2013年 
千葉県を回った話(日帰りの話) 
(東京と)千葉に行った話(東京とほほ。な話) 
山口県(と広島県)に行った話・1(出発が遅れて移動のみになった話) 
山口県(と広島県)に行った話・2(クレーンが撮れて嬉しかった話) 
山口県(と広島県)に行った話・3(風光明媚な観光地を回った話) 
山口県(と広島県)に行った話・4(いきなり抱きつかれた話) 
山口県(と広島県)に行った話・5(自宅に戻れない話) 
沖縄旅行・1(着いたらスコールだった話) 
沖縄旅行・2(アフリカマイマイ怖いという話) 
沖縄旅行・3(雨の瀬長島の話) 
沖縄旅行・4(国際通りを歩いた話) 
沖縄旅行・5(那覇空港の話) 
沖縄旅行・6(スカイマークのイメージが急上昇した話) 
北海道旅行・1(また北海道を走った話) 
北海道旅行・2(シカと走った話) 
北海道旅行・3(ライフル持ったソルジャーから走って逃げた話) 
北海道旅行・4(フロアを彷徨った話) 
北海道旅行・5(走れなくなった車の話) 
北海道旅行・6(振り掛けられなかった話) 
八丈島、三宅島・0(前フリの話) 
八丈島、三宅島・1(いろいろまごついた話) 
八丈島、三宅島・2(血が!の話) 
八丈島、三宅島・3(とっても怖かった話) 
八丈島、三宅島・4(無事船に乗れた話) 
九州旅行・1(鹿児島にGO! の話) 
九州旅行・2(朝焼けがキレイだった話) 
九州旅行・3(今回は間に合った話) 
九州旅行・4(日韓関係について考えさせられた話) 
九州旅行・5(カニに文句を言われた話) 
九州旅行・6(朝からラーメン食べた話) 
関東、東北旅行・1(おじいさんからいろいろ伺うことができた話) 
関東、東北旅行・2(普通にエンジンを止めた話) 
関東、東北旅行・3(普通にエンジン掛からない話) 

2014年
大島、神津島・1(大島のキョンの話) 
大島、神津島・2(大慌てした話) 
大島、神津島・3(無事に戻った話) 
四国~東京・1(四国に向かった話) 
四国~東京・2(順調に進んだ話) 
四国~東京・3(大勢の長老からお話を伺った話) 
四国~東京・4(ギリギリだった話) 
四国~東京・5(怒られた話) 
四国~東京・6(ギリギリまでほっつき歩いた話) 
埼玉県、群馬県を回った話(オイラの夏休みの話) 

2015年 
高崎市に行った話(食い気に負けた話) 
茨城県に行った話(hiroさん ありがとうございます! という話) 
Tさんと回った日(787やっと見た話) 
群馬に行った話(いろんな生き物に襲われた話) 
千葉県を回った話(滑走路が残ってるかとっても心配だった話) 
中部・1(シャトレーゼは全国規模! という話) 
中部・2(踊ってなしい歌ってない話) 
中部・3(砂浜にビビった話) 
中部・4
(ギリギリセーフの話) 
中部・5(Fさんと食べ納めの話) 
東海、近畿・1(Fさんのお見舞いに出掛けた話) 
東海、近畿・2(紀伊半島がデカかった話) 
東海、近畿・3(今回の旅行の主目的を果たした話) 
東海、近畿・4
(イオンのBGMに驚いた話)  
東海、近畿・5(朝からデニった話) 
東海、近畿・6(関西の道路事情の話) 
中国・1(FさんのPCを運んだ話) 
中国・2(未明の山上で右往左往した話) 
中国・3(美人の湯に入った話) 
中国・4(島に足止め!の話) 
中国・5(手がカサカサの話) 
中国・6(無事自宅に戻った話) 

2016年 
神奈川県(鶴見区役所にお世話になった話) 
東京・1(ヘンな組み合わせの話) 
東京・2(席をとられた話) 
神奈川県+羽田(再び神奈川に行った話) 
埼玉県、群馬県(4月)(アツく語ってしまった話) 
九州・1(停滞していた話) 
九州・2(寒かった話) 
九州・3(ズレていた話) 
九州・4(計画通りに進まない話) 
九州・5(ワイエスを見た話) 
九州・6(最後腰が痛くなった話) 
関西、中国、四国・1(エマージェンシーランディング・デュー・ツー・閃輝暗点の話) 
関西、中国、四国・2(いろいろとワタワタした話) 
関西、中国、四国・3(言い聞かせた話) 
関西、中国、四国・4(喉が痛い話) 
関西、中国、四国・5(すかさず撮った話) 
関西、中国、四国・6(やまかけうどんの話) 
北海道、東北・1(緊急搬送ヘリがやってきた話) 
北海道、東北・2(「やませ」の話<まみじゃないよ>) 
北海道、東北・3(津軽海峡を渡った話) 
北海道、東北・4(おいなりさんが赤い話) 
北海道、東北・5(福島で積み残しの話) 
北海道、東北・6(自宅に戻った話) 
神奈川、東京、埼玉(日帰りで周った話) 

2017年 
1月・高萩飛行場跡地へ(逆に近場は逆になかなか行けないという話。逆に) 
防衛研究所に行った話(そのまんま2月に行った話) 
沖縄・1(荷物と服装で慌てた話) 
沖縄・2(ターミナルで慌てた話) 
九州、中国・1(Fさんとカラオケボックスで一夜を明かす計画が倒れた話)  
九州、中国・2(ヒコーキを使った挙句、たどり着けなかったという残念な話) 
九州、中国・3(降られた話) 
九州、中国・4(いろいろ積み残した話) 
九州、中国・5(ナマ水上機の話) 
九州、中国・6(戻って即仕事の話) 
福島県(ホテル抜け出した話) 
千葉県を周った話(Kさん本当に本当にありがとうございました。という話) 

2018年 
中部(関東、関西)・1(準備不足でちょっと出遅れた話) 
中部(関東、関西)・2(視線がイタかった話) 
中部(関東、関西)・3(逃げるように退散した話) 
中部(関東、関西)・4(余震が心配だった話) 
東北、関東・1(お金あまり持って来なかった話) 
東北、関東・2(普通の店舗に戻っていて安心した話) 
東北、関東・3(いろいろ考えさせられた1日の話) 
東北、関東・4(吠えられたり鳴かれたりした話) 
東北、関東・5(スイスイ帰れた話)
軽井沢に行った話(2015年3月の話)
2018/11/3(土)(自宅近くからBIを見た話)
新宿に行った話(久々に師匠にお会いした話)

2019年 
埼玉県、千葉県を周った話(仕事のついでに日帰りで周った話) 
東北・1(服装失敗した話) 
東北・2(すごい走った話) 
東北・3(福島はまだまだ大変な話) 
東北・4(漢字の読み方を聞いておけばよかった話) 
中部、近畿、中国・1(迂回できない話) 
中部、近畿、中国・2(インシデント発生!の話) 
中部、近畿、中国・3(やらかしてしまった話) 
中部、近畿、中国・4(豆腐が旨かった話) 
中部、近畿、中国・5(万一の時の話) 
防衛研究所に行った話(毎年恒例の話) 

2020年 
熱海に行った話(これが当分のお泊り旅行納めとなった話) 
東京に行った話(すごく寒かった話) 

2021年 
栃木と福島に行った話(原発とコロナの話) 
千葉に行った話(マムシが怖くて行けない話) 
東京、千葉に行った話(癒された話) 

2022年 
群馬県に行った話(会えなかった話) 
千葉に行った話(マムシリベンジの話) 

2023年 
長野県に行った話(足跡が怖かった話) 
新潟空港に行った話(トンネルが快適だった話) 
群馬に行った話(中島飛行機見学ツアーの話) 
中部・1(久々の車中泊の話) 
中部・2(辿りつけない話) 
中部・3(足をくじいた話) 
中部・4(バレた話) 
東北・1(事なきを得た話) 
東北・2(これで勝つる!な話) 
東北・3(台湾の皆さん本当にありがとうございますm(_ _)m ) 
北海道・1(個室化してた話) 
北海道・2(アドレナリン大放出話) 
北海道・3(スケジュール決めるの難しい話) 
北海道・4(整った話)
北海道・5(ヘロヘロになった話) 
東京さ行った話(そこらへんの草の話) 
山梨に行った話(自動車館には入らなかった話) 
茨城と千葉に行った話(通報されずに済んだ話) 
近畿・1(早めに帰る話) 
近畿・2(もろたらもろての話) 
近畿・3(予約済みの話) 
名古屋・1(ちょっと仮眠の話) 
名古屋・2(本眠になってた話) 
名古屋・3(味噌煮込みうどんおいしい話) 
中国四国・1(忘れた話) 
中国四国・2(朝焼けがキレイだった話) 
中国四国・3(間に合った話) 
中国四国・4(ホンダセンシング様々な話) 


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

島根県・北浜防空監視哨跡 [├場所]

   (訪問不可)  



島根県出雲市にある「北浜防空監視哨」跡。

現在跡地周辺一帯はユーラス新出雲ウインドファームの用地になっており、立ち入りができません。

2013年3月 出雲市教育委員会から報告書がが出されました。

これは風力発電建設に伴い、2007年度に実施した北浜防空監視哨跡の発掘調査の報告書で、

【出雲市文化財調査報告書 北浜防空監視哨跡 高島城跡】で検索すると閲覧できます。

この報告書から監視哨関連を以下抜粋させて頂きました(詳しくは直接報告書をご覧ください)。

 太平洋戦争末期には、十六島町の北側の半島稜線上に防空監視哨が建設された。主に西から進入してくる敵機を哨戒することが目的であり、学生たちが監視の任務にあたった。くしくも現代では、北浜防空監視哨から東へ3.3キロメートルの半島稜線上に、航空路監視レーダーが建設されており、今は昔と違い、航空機の安全航行の監視を担っている。

 当初は聴音壕のある尾根上に風力発電施設、建物跡に管理用道路を通す予定で、北浜監視哨跡全体が取り壊される計画だったため、現地保存できるよう計画変更をお願いした。

 聴音後は、尾根の最上部の標高212mの地点に築かれたコンクリート製の構造物である。保存状態について観察したところ、ほとんど劣化をしておらず、良好な状態を保っていた。外径は3.7m、内径は3mあり、深さは2.2mある。外壁の構築法をサブトレンチで確認したところ、10cmx6cmのコンクリートブロックが互目の積み方であると判明した。壕の内壁はモルタル仕上げがされている。

 小ブロックを二重に積み上げ、その間を空洞にして、飛行機の爆音を反響しやすくした構造になっている可能性が高い。

 床面はコンクリート敷きである。床面の壁に沿いに高さ50cm、長さ80cm、幅30cmの方形の台座が設けられている。監視員の腰掛であり、東西南北4方にあるのは、敵機の飛行方向に関する的確な情報を探知するためであろう。

 北浜防空監視哨は、昭和16年(1941)に設置され、終戦まで監視体制がとられていた。勤務は哨長1名、副哨長3名、哨員18名で構成され、哨長は不定期であった。勤務は副哨長1名に哨員の6名を1班とした3班編成で、3交代制の24時間勤務であった。勤務内容は立哨2名、通信2名、休息2名の2時間交替の繰り返しであったようである。哨員は北浜、西田、鰐淵3地区の16歳から18歳の男子で、青年学校の生徒が勤務に当たっていた。

 聴音壕は戦後60有余年経っているにもかかわらず、保存状態が良好であった。佐香と小田の監視哨のものと構造・規模が同じであることから、同一の設計図を基に施工されたと考えられる。


二重構造、腰掛の位置等、思いもよらぬ工夫がなされていたのですね。




     島根県・北浜防空監視哨跡         
北浜防空監視哨 データ
所在地:島根県出雲市十六島町1486-1ほか
座 標:35°28'09.5"N 132°45'03.8"E
標 高:212m
(座標はグーグルアースから。所在地、標高は資料から)

沿革
1941年 設置。終戦まで監視体制がとられる



共通テーマ:趣味・カルチャー

なかうみスカイポート [├国内の空港、飛行場]

   2023年12月訪問  



島根県松江市 中海西岸にある「なかうみスカイポート」。

山陰中央新報2017年2月4日付によれば、

松江市は中海振興の一環で水陸両用機の飛行場を整備、せとうちSEAPLANESを誘致する計画であるとしました。

2018年春の運用開始を見込んでおり、飛行場としてだけでなく、サイクルステーションの併設、

水上スポーツや野鳥観察の拠点施設としても活用する計画でした。
 

残念ながらその後せとうちSEAPLANESはなくなってしまいましたが、

松江市のサイト:なかうみスカイポート(松江市中海振興多目的施設) 

松江市観光協会/なかうみスカイポート 

では、現在でも水陸両用機運用可能な施設であると謳っています。


DSC_1717_00001.jpg
斜路

DSC_1718_00001.jpg

DSC_1720_00001.jpg
浮き桟橋


DSC_1729_00001.jpg

なかうみスカイポート


DSC_1722_00001.jpg

DSC_1723_00001.jpgDSC_1726_00001.jpg
サイクリングスタンド

DSC_1727_00001.jpg
無料双眼鏡

DSC_1728_00001.jpg

DSC_1730_00001.jpg
駐機場

ここで180°回頭すると、

DSC_1731_00001.jpg

県道260号線(青ペイント部分)を隔ててスロープがあります。



     島根県・なかうみスカイポート         
なかうみスカイポート データ
占用者:松江市長
種 別:水陸両用飛行場
所在地:島根県松江市上宇部尾町626
座 標:35°29'26.1"N 133°08'04.9"E
標 高:3m
占用面積:3382.62㎡
(座標、標高はグーグルアースから)

沿革
2016年 春以降、せとうちSEAPLANESによる調査飛行、チャーター便による遊覧飛行実施
2017年02月 3日 松江市による水陸両用機施設整備計画が明らかに。2018年春の運用予定
2018年 なかうみスカイポート竣工。プレ運航開始
2019年04月 本格運航開始
2021年01月 せとうちSEAPLANES営業休止
     09月 せとうちSEAPLANES清算

関連サイト:
ブログ内関連記事



共通テーマ:趣味・カルチャー

中国四国・2 [■旅行記]


Ⓐ道の駅 湯の川→Ⓑなかうみスカイポート→ⓒ県グライダー滑空訓練場跡地→Ⓓ松江水上機基地跡地→Ⓔ出雲空港→Ⓕ都野津町付近着陸場跡地→Ⓖ高津町付近着陸場跡地→Ⓗ石見空港→Ⓘ下ヶ原飛行場跡地→Ⓐ奥屋PA→Ⓑ来島海峡SA(車中泊) (赤マーカー:北浜防空監視哨跡)


2日目

4:30 起床

夜中に寒くて布団被ったけど、念のため持ってきた寝袋使うほどでもなかった。

布団も結局初日に使っただけで、毛布2枚で十分事足りました。

トイレのある建物に向うと、国道に面した第一駐車場は大型トラックのエンジン音が響いてました。

車中泊する方、第二駐車場お勧めですヨ。

5:25 道の駅湯の川出発。気温7℃

昨日来た道を30km引き返す。

途中セブンで弁当購入。

6:30 本日最初の見学ポイントである「なかうみスカイポート」到着。


DSC_1701_00001.jpgDSC_1713_00001.jpgDSC_1716_00001.jpgDSC_1716_00001.jpgDSC_1716_00001.jpgDSC_1721_00001.jpg

徐々に赤く染まってゆく湖面を見ながら朝食。

でも優雅なのはここまで。

この後はひたすら移動と撮影を繰り返しました。


DSC_1742_00001.jpgDSC_1746_00001.jpg

島根から広島に入った辺りで雨が降り始めました。

15:20 広島県の山道にて撮影終了。

計画では明るさが残ってるうちは瀬戸内海側に出て撮影を続行するつもりだったんですが、

雨脚は強まる一方でした。

天気をチェックしてみると、中国地方は今日明日共に全域雨ベース。

出発前より悪い方に振れました(;´Д⊂)

一方、四国は明日以降全域ほぼ曇りベース。

ということで、本日の撮影はここで終わりにして、このまま四国に入ることに(広島県内にあと6ヵ所残ってるけど)。

時間はあるし、のんびり下道で行こうかと思ったけど、広島市内は相変わらず渋滞が酷い。

それと、四国に入るには思ってたより遠回りになる(カーナビセットして気が付いた)。

ということで広島高速から山陽道に乗り、しまなみ海道を利用しました。


IMG_20231214_173257886_1_0.jpg

17:20 奥屋PA にて松屋さんの富士山豆腐の本格麻婆めし。

鼻血が出やすいのにマーボー大好きなオイラ。

(オイラにとっては)胃が痛くなる辛さでヒヤヒヤだったけど、店内で鼻血出さずに済みました。

辛いけど美味しかったです。

19:35 来島海峡SA着

20:15 寝る

おやすみなさい。

(続きます)


本日の走行距離:534km

再訪した場所は既存の記事に追記してあります。

県グライダー滑空訓練場跡地 
松江水上機基地跡地 
出雲空港 
石見空港 


共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る