SSブログ

台湾・金山飛行場跡地 [└日本統治時代の飛行場]

   (未訪問)  




 (TAIWANAIRBLOG様から許可を得て記事と作図を使用させて頂いておりますm(_ _)m  下記リンク参照)

台湾新北市金山(かなやま)区にあった「金山飛行場」。

先頭のグーグルマップは、TAIWANAIRBLOG様/金山飛行場平面圖に掲載されている航空写真から作図しました。

滑走路の地割がうっすらと残っている部分があります。

日治下臺南永康機場的時空記憶というサイト様には、日本が建設した71の飛行場が列挙してあるのですが、

ここには登場せず、陸軍の飛行場なのか、海軍の飛行場なのか、不明です。

新北市政府観光旅遊局/金山旧飛行場跡(下記リンク参照)によりますと、

ここは小規模な軍用飛行場だったのですが、稼働して間もなく航空機事故が起きてしまい、

正式な供用をすることなく廃止とあります。

飛行場建設時に使用したローラーが現存しているとのことで、

北縣文化景観-金舊機場遺址というサイト様には、ローラーを展示している様子について、

写真で見ることができます(赤マーカー地点。下記リンク参照)






     台湾・金山飛行場跡地         
金山飛行場 データ
設置管理者:日本軍
種 別:陸上飛行場
所在地:台湾新北市金山区清泉里
座 標:25°13'50.8"N 121°37'26.0"E
標 高:8m
飛行場:1,350mx200m(不定形)
滑走路:1,120mx68m
方 位:06/24
(座標、標高、滑走路長さ、方位はグーグルアースから)

関連サイト:
TAIWANAIRBLOG/金山飛行場平面圖
新北市政府観光旅遊局/金山旧飛行場跡 
北縣文化景観-金舊機場遺址 
ブログ内関連記事  


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る