SSブログ

千住草加間国道秘匿滑走路跡 [├国内の空港、飛行場]

   2010年4月訪問 2021/12更新  


2.png
撮影年月日1946/02/13(昭21)(USA M44-A-5VT 32) 

出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

「東京都‎足立区を走る日光街道(国道4号線)が秘匿滑走路かもしれない」。という情報があり、

2010年4月に一応撮るだけ撮っていたのですが、2つ以上のソースが見つからなかったためお蔵入りしておりました。

その後、竹内正浩著「地図と愉しむ東京歴史散歩 都心の謎編」の中でこの滑走路のことが扱われていましたので、

簡単にご紹介させて頂きます。

 

昭和初期、荒川放水路に架かる千住新橋から北に向かって4km余りの一直線の新道が開かれました。

これが現在の千住新橋から草加に通ずる国道4号線となったのですが、

特に梅島陸橋(黒マーカー)から水神橋(紫マーカー)の間は、

「十三間道路」と呼ばれる幅約24mの一直線の道路として整備され、

「ト」号機(四式重爆撃機「飛龍」を改造した特別攻撃機)の秘匿滑走路として、昭和20年4月に完成したのだそうです。

 

また、 「戦前戦後の飛行場・空港総ざらえ」の中でも、

「と」号機-特別攻撃機の、秘匿滑走路として、1945年4月15日に準備された。

とありました。

D20_0024.jpg

赤マーカー地点。

国道4号線島根2丁目の陸橋上から(下の写真も)。

上り千住新橋方向。

D20_0022.jpg

下り草加方向。


      東京都・千住草加間国道秘匿滑走路跡      

千住草加間国道秘匿滑走路 データ

設置管理者:不明(四式重爆撃機は陸軍機なので陸軍?)
種 別:特攻用秘匿滑走路
所在地:東京都‎足立区‎平野‎2丁目‎
座 標:35°47'45.3"N 139°48'07.9"E
標 高:4m
滑走路:3,280m×24m
方 位:18/36
(座標、標高、方位、滑走路長はグーグルアースから)

沿革
1945年04月 完成

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
竹内正浩著「地図と愉しむ東京歴史散歩 都心の謎編」
(足立区史に空襲の詳しい記事はあるのですが、当滑走路については記述無し。足立史談1~3 記述無し)
「21世紀へ伝える航空ストーリー 戦前戦後の飛行場・空港総ざらえ」


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

miffy

あらっ、コメント欄開いてる。
遅くなりましたが今年もよろしくお願いします^^
by miffy (2015-01-22 11:30) 

とり

しまった開いてたΣ(゚Д゚;)
miffyさん、そして皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

多分2月いっぱいまでコメント欄閉じさせて頂きます。
申し訳ありません~。
by とり (2015-01-22 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る