SSブログ

熊本県・熊本渡鹿練兵場不時着場跡地 [├場所]

   2016年5月訪問 2022/1更新  


無題.png
(昭和5年7月撮影)高度400米 方位SE 距離800米
0.png
1935年(昭和10年)11月調査資料添付地図 Translation No. 19, 20 December 1944, airways data; Kyushu Chiho. Report No. 3-d(15), USSBS Index Section 6 (国立国会図書館ウェブサイトから転載。上2枚とも)

無題3.png
撮影年月日 1947/11/01(昭22)(USA R153 124)  
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

熊本県熊本市にあった「熊本渡鹿練兵場」。

■「航空路資料 第7 昭11-8 九州地方飛行場及不時著陸場」の中でこの練兵場内の不時着場が扱われています。

先頭の1947年の航空写真はその練兵場敷地の一部拡大したものなのですが、

画面中央の広場に不時着場が設定されていました。

DSC_0164.jpg

赤マーカー地点。

不時着場北端。現在は産業道路になっています。

近隣に罹災家屋があったため、この写真は不時着場方向を向けて撮っていません。

ご了承くださいませ。


      熊本県・熊本渡鹿練兵場不時着場跡地     

熊本渡鹿練兵場不時着場 データ

設置管理者:陸軍
種 別:不時着場
所在地:熊本県熊本市中央区渡鹿1丁目
座 標:N32°48′17″E130°43′51″
標 高:25m
着陸帯:500m×95m
方 位:15/33
(座標、標高、着陸帯長さ、方位はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
「航空路資料 第7 昭11-8 九州地方飛行場及不時著陸場」


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

鹿児島のこういち

地震は突然やって来て、破壊行為を行ってしまう。熊本の地震があった時、建物の8階で仕事をしていたのですが、スマホが緊急速報を発するや凄い横揺れがきました。それでも震度5でしたから、熊本益城は大変だったでしょう。
今年は仕事が忙しく、普段6月にはひと段落するものなのですが、なかなかとりさんのブログも拝めない始末です。仕事が終わって家に帰ればPCは子供が独占しております( ゚Д゚)しかも、5月には叔母が、6月にはお袋が他界して、もお、てんやわんやでした。7月になってやっと落ち着いたかなってところです。
by 鹿児島のこういち (2016-07-15 17:10) 

とり

■鹿児島のこういちさん
九州編なんだけど、最近見えないなあと気になっていたのですが、
そんなことがあったのですね。
大変でしたね。
心よりお見舞い申し上げます。
by とり (2016-07-16 05:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る