SSブログ

朝鮮・連浦飛行場跡地 [└日本統治時代の飛行場]

   (未訪問)  





北朝鮮咸鏡南道咸興市にあるヨンポ飛行場。

ここはかつて日本陸軍の「連浦飛行場」でした。

防衛研究所収蔵資料「陸空-本土防空-48飛行場記録 内地(千島.樺太.北海道.朝鮮.台湾を含む) 昭19.4.20第1航空軍司令部」

に1/20,000の要図があり、先頭のグーグルマップはこの要図から作図しました。

恒風:北西(滑走路方向)と記入されていました。

要図がかなり大まかなもので、飛行場敷地、誘導路、格納庫等かなりおおざっぱに作図しています。

当時の滑走路は1,000mだったのですが、その滑走路の両端を延長する形で現在も運用しているようです。

同資料に当飛行場の情報がありました。

以下引用させていただきます。

位置 朝鮮咸鏡南道咸州
積量 一四四〇,〇〇〇平米
地表の状況 在来砂地盤上に畑土表土を敷均し転圧十二糎
      に仕上げ芝生を植付けたるものなるも烈風に際し
      漸次飛散しあり
周囲の状況 周囲は水田にして使用上支障なし
天候気象の交感 砂質地盤を粘土質土壌にて被いあるため大雨後
        表土流失し易く冬季支障なし
格納施設 格納庫四〇×三〇 四  四〇×四〇 三
居住施設 兵員収容力約六〇〇名
営外者住宅 東北方約二十二粁咸興府内に陸軍官舎完備
関係    しあり
交通連絡 記載無し
其の他 記載無し




     朝鮮・連浦飛行場跡地         
連浦飛行場 データ
設置管理者:日本陸軍
種 別:陸上飛行場
所在地:朝鮮咸鏡南道咸州(現・北朝鮮咸鏡南道咸興市)
座 標:N39°47′30″E127°32′10″
標 高:3m
滑走路:1,000mx100m
方 位:13/31
(座標、標高、方位はグーグルアースから)

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料「陸空-本土防空-48飛行場記録 内地(千島.樺太.北海道.朝鮮.台湾を含む) 昭19.4.20第1航空軍司令部」


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る