SSブログ

台湾・花蓮港新(花蓮南)飛行場跡地 [└日本統治時代の飛行場]

   (未訪問)  




台湾の花蓮市には元々北部に陸軍の「花蓮港飛行場」がありました。

そして花蓮の南部に同じく陸軍の「花蓮港新(花蓮南)飛行場」が後から出来たのでした。

■「盟軍記載的二戰臺灣機場」(下記リンク参照)によれば、

当飛行場は連合軍によりHLG(Heavy Bomber Landing Ground:重爆撃機着陸場)に分類されていました。

花蓮にある南北2つの飛行場を地元では、

北を「花蓮港北空港」「北埔空港」、南を「花蓮港南空港」「南埔」と呼んでいたのだそうです。

北の飛行場は現在「花蓮空港」となり大きく発展したのに対し、

南の飛行場は廃止され、現在はすっかり畑地と住宅が広がっており、

ここに飛行場があったとは思えない程の変わり方なのですが、

そのせいかどうか、当時の遺構がまだまだ残っており、八角形の地割もほとんどそのまま残っています。


■防衛研究所収蔵資料「飛行場記録 内地(千島、樺太、北海道、朝鮮、台湾を含む) 昭和十九、四、二〇調製 第一航空軍司令部」

の中に花蓮港新飛行場 1/25,000 の要図があり、先頭のグーグルマップはこの要図から作図しました。

要図には、飛行場敷地が東西1,600m 南北2,000mであること、

恒風 冬:北東 夏:南南東であることが書かれていました。

同資料内の情報を以下引用させて頂きます。

位置
 花蓮港庁花蓮港郡吉野庄(花蓮港市南方三粁)
滑走地区
 滑走地区地盤畑地なるも排水良好にして堅硬なり
飛行場
 西側の△九〇五米並に東南側の△七六九米の高地稍に
 障害をなすも滑走地区広大にして大型機の使用に適す
気象
 特異性なく中部台湾に準し概ね良好なり
交通
 花蓮港-台東間軽便鉄道あり
其の他
 本飛行場完成せる場合花蓮港市北側の旧飛行
 場は廃止せられ之に代るべけきものなり

「其の他」の項目で出てきますが、この資料がまとめられた時点では、

当「花蓮港新飛行場」が完成した暁には、「花蓮港飛行場」は廃止する予定だったんですね。

それが現在はまったくあべこべの状態になっていますから、本当にどうなるか分からないです。

ところが一方で、

■太平洋戰爭下日本陸軍於高雄地區的機場整備與航空隊部署(下記リンク参照)にはこうありました。

米軍が太平洋で着実に前進するにつれて、1944年初頭の大本営は米軍を警戒し、琉球、尖閣諸島(宮古列島、八重山列島、釣魚台などを含む)、台湾およびその他の重要な地域への交通を確保しました。絶対防衛圏と南ルートについては、上記地域の軍事力を強化するために「十号作戦準備​」が実施された。台湾の航空戦闘準備に加えて、宜蘭、花蓮、台東などの場所に「第2飛行場」が追加された。

花蓮港には南北2つの飛行場があった訳ですが、こちらが防衛強化のため建設された「第2飛行場」

という立ち位置のようなのですが。。。




     台湾・花蓮港新(花蓮南)飛行場跡地         
花蓮港新(花蓮南)飛行場 データ
設置管理者:日本陸軍
種 別:陸上飛行場
所在地:台湾花蓮港庁花蓮港郡吉野庄(現:花蓮市吉安郷)
座 標:23°56'56.5"N 121°35'23.9"E
標 高:22m
総面積:299ha
飛行場:東西1,600mx南北2,000m 八角形
(当時の所在地、長さは防衛研究所資料から。他はグーグルアースから)

関連サイト:
盟軍記載的二戰臺灣機場(21コマ) 
太平洋戰爭下日本陸軍於高雄地區的機場整備與航空隊部署 
ブログ内関連記事       

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料「飛行場記録 内地(千島、樺太、北海道、朝鮮、台湾を含む) 昭和十九、四、二〇調製 第一航空軍司令部」


コメント(2) 
メッセージを送る