SSブログ
2024年03月| 2024年04月 |- ブログトップ

奄美群島・1(後編) [■旅行記]

(前記事の続きです)

前回のあらすじ:那覇に着陸のはずが鹿児島空港に緊急着陸。ソーキそばも食べずに羽田に戻ることに。


10:53「燃料補給を開始します。シートベルトは外しておいてください」

この「ベルト外しておいてください」って、

「ベルト着用サインは消えたけど、万一に備えてなるべくベルトしといてね」

みたいな意味でしょ?

オイラは外さないよ?(ドヤ)

…と思ってたんですが、CAさんが見回りをして、「ベルト外しておいてください」

わざわざ言って回ってます(慌てて外した)。

燃料補給で万一の事態になった時、一刻も早く脱出できるように、ということなんでしょうか。

もう10年以上前の話ですが、確か石垣空港だったか、

燃料補給のために乗客が全員荷物持って一旦機外に出たことがあるんですが、

今はそこまでしなくて良くなったのかしらん。

オイラのすぐ後席に外国のご家族が座ってて、

CAさんが「ノーファッスン」「アンファッスン」と一生懸命説明してました。

11:08 「10分で燃料補給終了。その後必要な作業に10分かかります」

11:39「雷のため作業を停止しております」

今後のスケジュールについていろいろ考えたんですが、

羽田に戻ったら、徳之島に飛ぶチケットが取れるかどうか、試してみよう。

という結論に(後から考えたら、今スマホ使えるんだからサッサと機内で確認すれば良かった)。

さしあたって今日の沖永良部の宿泊とレンタカーはキャンセルしとこう。

スマホで予約サイトからキャンセルに進むと、予約番号を入力せよとなっています。

メールを開いて、予約番号を確認しようとしたその時でした。

11:48 「那覇の津波警報が注意報になったため、行き先を那覇に変更致します」

一時アナウンスを中断するほどの歓声。

床を踏み鳴らす人まで(*´∀`*)ワー

12:03「これから燃料補給を開始します」

12:13 「燃料補給完了しました。出発は12:30過ぎの予定です」

12:33 「出発準備が完了しました。シートベルトをお締めください」

12:45 プッシュバック開始

12:53 R/W34から離陸。


10時に鹿児島空港に緊急着陸して、約30分後に「羽田に戻る」とアナウンスがあり、

10分で燃料補給をして11時に出発という予定だったのに、

気が付けばもう13時前。

鹿児島空港に3時間弱滞在していました。

雷で燃料補給のできない状態がずっと続いたんでしょうか。

特に問題がなければ、サッサと燃料補給済ませて、予定通り11時に鹿児島空港を離陸し、

鹿児島空港→羽田の所要時間は2時間弱なので、ちょうど今頃羽田についていたはず。

(雷のせいだとすれば)雷様様ですね。

鹿児島空港は今年の1月に来たばかりだったんですが、
 
まさかこんな形で再訪することになろうとは夢にも思いませんでした。
 
羽田からの離陸の際は、あ、離陸が始まった。と思ったら、いつの間にかさり気なく離陸してて、
 
おお、如何にもエアバスらしい。と思っていたのですが、
 
鹿児島からの離陸の際は、背もたれにがッ!! と押し付けられるような、

「オレだって本気出せばこんな急加速できるんだぜ?」という感じでした。

いや~、良かった良かった。なんてこと考えてる間に、窓の外には沖縄本島が見えてきました。


19632.jpg


さて。

無事那覇に行けるようになったまでは良かったのですが、

果たして乗継便に間に合うのだろうかという次の問題が。

沖永良部空港行きの便は14:35発

搭乗口は28番

ご存知の方はご存知と思いますが、那覇空港の28番搭乗口は、

沖止め専用の搭乗口(離島便等小型機が多い)で、

28番搭乗口を通過したら、すぐ前に停車しているバスに乗って、駐機場まで移動することになります。

しかも28番搭乗口は1Fにあるため、

2階の保安検査所を抜けたら(今回は抜ける必要ないけど)、ズラリと続く搭乗口を横目に1Fに降りないといけないのだ。

(保安検査所から一番近いのがせめてもの)

要するに、28番搭乗口は他の搭乗口より移動に余計に時間がかかるのです。

13:59 ギアダウン


1.png
↑旅行から戻ってスクショした画像なんですが、行き先が羽田のままになってますね。
3.png
14:02 那覇空港新滑走路(R/W18R)に着陸。

14:14 スポットに停止。

7:15頃搭乗したので、機外に出るのはほぼ7時間後。

周囲の小さな子供連れのご家族も、「7時間もちゃんと大人しく乗ってられたから、ハワイも行けるね〜」

なんて話してました。

この間、オイラは飲まず食わずでトイレにも立たなかったのですが(窓席だったし)、

普段の寝不足を解消しようと、アナウンスをメモしたり、情報収集以外はひたすら寝てたので、

ドリンクサービスも一切受けませんでした。

状況のせいか食欲も沸かなかったし、トイレも(そんなには)切羽詰まってないです。

搭乗前に空弁食べてトイレ行っといて良かった。

那覇に着陸し、スポットに停止してドアが空くのを待っているタイミングだったと思うのですが、

「良かったら召し上がって下さい。申し訳ありませんでした」

とベテランCAさんから大きいクッキーを2枚差し出されました。

オイラだけピンポイントで手渡してきたことからすると、

オイラは「なんかずっと寝てるオッサンがおる」と把握されてたみたい(///∇///)

1人ひとりの状況を把握して、凄いですね。

7時間のフライトというのは、国際線なら普通なんでしょうけど、

本来2時間ちょいのフライトのはずなのに、不意にこんな長時間になってしまったにも関わらず、

質の高い接客を続けるCAさんには頭が下がりました。

そういえば、3時間駐機した鹿児島空港でも、豪雨の中、

赤い合羽のスタッフさんがエプロンを走り回ってました。

本当に大変なお仕事ですm(_ _)m

 
羽田に戻ると聞かされ、旅行自体がどうなるかもおぼつかない状況の中、

行き先が羽田から本来の目的地である那覇に変更されたとアナウンスされた時、

己の旅行計画が潰れずに済んだと嬉しさしかなかったのが正直なところだったのですが、

震度6強の揺れ、それに傾いた建物の画像をみれば、

「死者1人、50名負傷」というのは第一報に過ぎないのだろうというのは分かりきったこと。

被害が最小で済むよう、復興が1日も早く進むよう、願うばかりです。

もう数年前の話になってしまうのですが、戦時中に日本軍が台湾に建設した飛行場の記事を作成していた際、

台湾の大学教授に地図作成で大変お世話になったのでした。

台湾と聞けば、先生の事を思い出すのですが、先生は無事なのだろうか。

無事だと良いのですが。

 
14:20 ヒコーキから降りると、出発の10分前までに28番搭乗口につかないといけないので、

あと5分あります。

なんとか計算できる時間に間に合った。

ふう。沖止めでバス移動とかだったら危ないところだったゼ。

搭乗口を抜ける際、スタッフさんがボードを手に乗継便の呼びかけをしてる。

こういう場面はこれまでも何度か目にしてきたけど、

ついにオイラも呼ばれる側になったか。と思ったら、

呼んでいるのは久米島便(とあと何かの便)でした。

オイラはお呼びでなかった(///∇///)

もう乗客がバスに乗り始めてる頃かも。と焦りながら28番搭乗口に行くと、沖永良部便はなんと10分遅れ。

沖永良部便そのものが津波の影響で遅れているとのことでした。
19634.jpg19635.jpg

(音が出ます。離陸は1:12~)


ということで、一時はどうなることかと思いましたが、無事沖永良部行きのヒコーキに乗れたのでした。

よ、良かった~。

一時は旅行全体の中止も覚悟したのですが、ともかくこれで旅行が続行できそうです。

本来なら、那覇で4時間近く時間が空くので、アレコレ食べて、

すっかり完成した新国際線ターミナル見て、瀬長島行って〜とトキメいていたのですが、

そんなことする暇は一切なくなってしまいました。

今回の旅程は、沖永良部から島伝いに沖縄から離れてゆき、最終日は奄美空港から羽田行きの直行便なので、

那覇空港を利用する機会は残念ながらもうありません。

まあ、予定を崩さずに済んだだけ御の字です。

 
15:35 沖永良部空港到着

ターミナル入口でレンタカー屋さんが待っててくれました。

ターミナルを出ると、見える場所にレンタカー屋さんがあるので、

わざわざ送迎なんてしてくれなくても。

と、出発前は考えていたのですが、重い荷物でヨタヨタなので、

短い距離でも送迎は非常にありがたいです。

手続きを済ませ、まずは図書館へ。

郷土史コーナーに入ると、確か町史のことだったと思うのですが、今はちょうど「編纂作業のピーク」とのことで、

一室の奥には大きな机に山のように書籍が積まれ、高齢の御仁がページをめくってました。

大きなホワイトボードには、校正用と思われる走り書きがビッシリ。

そしてこの郷土史コーナーで、「沖永良部空港回顧録」という、

まさにこの本に出会うためにこの島に来たのだ。といわんばかりの書籍発見。

許可を得て撮らせて頂けることに。

沖永良部島のお天気ですが、本日は晴天なのに、明日は1日曇の予報になっています。

それでお天気の良い今日中に撮影を済ませておくことに。
DSC_2562_00001.jpg
空港をぐるりと1周して、

ターミナルの反対側から滑走路越しに駐機しているヒコーキの出発を撮ろうと草地でじっと待っていると、

あー、無事ここに来れた。という実感が。

撮影が終わるともう18時過ぎ。

地元スーパーで夕食を調達しようとしたのですが、お弁当、お握り的なものは見当たらず。

島の棒状カマボコ、ヨーグルト、菓子パン、水を購入。

空港最寄りのホテルにチェックイン。

食事して風呂に入って、記録つけ。


IMG_20240403_184239663_HDR.jpg
えらぶカマボコ(今夜のプロテインバー)

島の言葉は、沖縄の言葉とかなり似通ってました。

 「めんそーれ」は有名だと思うのですが、

沖永良部島ではいらっしゃいませのことを、

「めんしょーり」と言い、

沖縄でありがとうは「にふぇーでーびる」なのですが、

こちらでは「みへでぃろどー」なのだそうです。

こうして、長い1日は終わったのでした。

21:00 寝る
 
(おやすみなさい)
 

続きます。

コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奄美群島・1(前編) [■旅行記]


自宅→駐車場→坂戸駅→羽田空港→鹿児島空港→那覇空港→沖永良部空港→ホテル泊

2024年4月初旬、奄美群島に行ってきたのでした。

5日間で、沖永良部島、徳之島、喜界島、奄美大島と、4つの島を周る計画です。

今回の旅行先で最も遠い沖永良部空港から行くことに。

羽田→鹿児島→沖永良部 というのが自然な行き方だろうと思っていたのですが、

オイラがチケットを探した時には、羽田→那覇→沖永良部

というのが最も安い行き方でした。

遠回りになるのに安いのが不思議なんですが、

沖永良部への乗り継ぎに那覇空港で約4時間空くので、その間にイロイロできます。

但し、7:30羽田発のヒコーキに乗らねばなりません。

ところが田舎住まいの悲しさ、オイラの自宅最寄駅はT武T上線Tヶ島駅で、

ジョルダンで検索したところ、最速6:52に羽田に着けるは着けるのですが、

あの東京で3回も乗り換えがあり、待ち時間は0分~2分という超ハードモード。

全力ダッシュすれば不慣れをカバーできるのかもですが(走っちゃダメだけど)、

重いキャリーバッグ引きずるので移動は普段より寧ろもたつきます。

羽田到着がギリギリなので、1本でも乗り継ぎをミスったら、もうアウトです。

オイラにゃ絶対ムリ(XДX)

次なる方法として、自宅最寄駅から2つ先にS戸駅があり、

ここから羽田空港行きのバスが出ています。

坂戸駅4:35発のバスに乗れば、5:55に羽田空港に着けます。

ところが自宅最寄駅始発は5:11のため、4:35発のバスに全然間に合いませんつД`)

自宅から坂戸駅までは約3.5kmあり、重いキャリーバッグをゴロゴロしながら1時間歩くのはキツイです。

前日に坂戸駅のコインロッカーにキャリーバッグを入れておくというテも考えたんですが、

利用時間は始発(5時台)~なのでダメ。

坂戸駅若しくは羽田空港のホテルに前日から泊まろうか、

羽田空港近くの民間駐車場を使おうか、とかいろいろ考えたんですが、

いずれもデメリットが大きいです(主に金銭的に)。

当日の朝、坂戸駅まで弟に送ってもらおうか、とも考えたんですが、

こちらも精神攻撃&後々まで見返りが凄そう。

結局、坂戸駅から徒歩10分ちょいにある1泊330円の駐車場を利用することに。

ここは駐車スペースが広がる通常の駐車場ではなく、

個人宅の2台分の駐車スペースの1つを1日単位でお借りする方式です。

ネットで事前予約するのですが、最大2週間先まで予約可能(予約できる日が毎日1日ずつ増えてゆく)。

そこそこ人気の駐車場のため、5日間確実に予約できるよう、毎日更新かかってすぐ1日ずつ押さえました。

無事5日間通しで予約できて一安心。



ということで、前フリが長くなってしまいましたが、当日の朝を迎えました。

3:50 自宅出発

3:55 駐車場着(奇跡的に次々青信号がつながった)。

住宅密集地のため、静かに静かに駐車。

ここから徒歩で10分ちょいで坂戸駅へ。

気温10℃。手がかじかむ。

-50mmズームレンズのD7100と、-300mmズームレンズのD200の2台持ちで、ノートパソコン、

それに飲み物も数本入れたため、キャリーバッグとリュックどちらも7~8kgあります。

荷物が重い。道路のちょっとしたギャップでキャリーバックよろける~~~~(⊃゜Д゜)⊃

4:10 坂戸駅着

4:35 坂戸駅発のバスで羽田へ。

6:00 羽田1タミ着。

那覇空港での乗り継ぎに4時間以上空くからどうかと思っていたのですが、

預け荷物は、最終目的地の沖永良部空港受け取りで良いんですね。


19567.jpg
6:30 7番搭乗口着。

A350でした。

搭乗口に向かう途中のスポットも、「時代はA350」と言わんばかりにA350がズラリ。

もうこんなにA350なのか。

B787もまだ乗ったことないのに。。。


19565.jpg

10時過ぎに那覇空港に着いて即、空港食堂(安くて美味しい那覇空港名物店)に行くつもりだったので、

お腹空かしとこうか。とも思ったのですが、ヒコーキ眺めながら空弁。

(ここで朝食を採ったのが後々運命の分かれ目に)

7:15 頃に機内へ。

7:30 プッシュバック開始。

D滑走路(R/W05)からの離陸でした。

ヒコーキ乗るのも那覇に行くのも7年ぶりですヽ( ゚∀゚)ノウヒョヒョー

機内は沖縄に遊びに行く子供連れのご家族が多く、賑やかでした。

外国人のご家族もちらほら。

巡航に移ってしばし後、うとうとしているとアナウンスが。

「現在宮崎県沖を高度40,000ftで順調に飛行中です。今から15分後に降下開始します。

定時出発へのご協力ありがとうございます。お陰様で到着は定刻より5分早くなる予定です」

さあ、着いたら空港食堂でソーキそばだな。いや、先ずは大東すしか?

なんて呑気に考えていたのですが、実はこのアナウンスが流れる少し前の8:58

あの台湾地震が発生していたのでした。


9:32 機内アナウンス

「台湾で地震が発生、那覇で津波3mとの予報が入っています。当機はこれから鹿児島空港に緊急着陸します」

台湾地震がどれだけ甚大な被害となったか知っている今ならともかく、

この時の機内は観光旅行ムードですっかり浮かれており、完全に寝耳に水で、

アナウンスを聞いて小さく短く「えー?」という声が広がったのでした。

それでも下りる予定の那覇で「津波3m」と言われれば、致し方ありません。


0.png
画像は flightradar24 から。以下2枚とも。

9:57 鹿児島空港 R/W34に着陸。


4.png

10:01 駐機場に停止。

グーグルマップと比較したところ、多分ここは16番スポットの辺りで、

本来は小型機が機首を滑走路と並行に向けて、3機並んで駐機できるようにペイントされてました。

普段なら大型機が駐機しない場所ですが、緊急事態なので便宜的にココ使ったんでしょうね。


1.jpg
着陸時、窓が真っ白に曇ってしまったのですが、かなり激しい雨が降っています。

10:15「全ての電子機器が使えます。現在分かっている情報では、鹿児島空港は他の緊急着陸機で混雑しております」

とのことで、スマホの機内モードをOFFにして情報収集。

震度6強で傾いたビルが映され、この時点で既に死者1名が出ていました。

この時までオイラは、鹿児島でちょっと待って、すぐ那覇に飛ぶものと思っていて

(9:02発表の沖縄本島津波到達時刻は10時ちょうどだった)、

「鹿児島空港は他の緊急着陸機で混雑」というのも、

「離陸にちょっと手間取りそう」という意味に受け取ってました。

(那覇で4時間余裕があるから助かったや。スケジュールは崩さずにすむでしょ)

なんて思ってたのですが、

台湾の地震とその影響は、想像していたのよりずっと深刻でした。

10:31 「那覇の津波警報が解除されないため、当機は11時に羽田に戻ります」

既に台湾地震の深刻さが知れ渡っていたせいなのか、機内は特にリアクション無し。

決定を坦々と受け止めている感じでした。


今回の旅行では、「1日1島」ペースで毎日次の島に移動するスケジュールを組んでおり、

チケットの変更は不可(安いから)(;´Д⊂)

これから羽田に戻って、改めて沖永良部空港に行っても、見学時間はほとんどとれません。

ならば、今回沖永良部の見学は諦めて、次の徳之島からスケジュール通りに周るようにすれば、

影響は最小限に抑えられるはず。

でも、これだけ大きな揺れだと、気象庁が「今後1週間は同程度の余震が~」なんて言ってるのよく見るしなぁ。

最悪の場合、向こう1週間、那覇空港は余震の影響を受け続け、奄美方面にも機材繰りのしわ寄せがくるかも。

となると、羽田に戻ったら、旅行は中止して、もう大人しく家に帰った方が良いのかしらん(´・ω・`)

   な ん て こ っ た _| ̄|○ il||li

突然陥った窮地に、そんなことをぐるぐる考えていたのでした。


(長くなってしまったので後編に続きます)

コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

■飛行場/跡地リストA■ 北海道~関東 [├国内の空港、飛行場]

字数制限のため二分割してあります。続き   
五十音順飛行場索引 場所が分からない飛行場   情報お待ちしておりますm(_ _)m
最終更新:2024/03/18 鹿児島県・小川飛行機練習所跡地 追加

4.PNG

 

 北海道 
■道北■ (COMPLETE)     
礼文空港     
利尻空港  
稚内空港   
稚内水上基地(稚内海軍飛行場)跡地
    
サロベツフライトクラブ滑走路
   
浅茅野第一飛行場跡地
   
浅茅野第二飛行場跡地
  
名寄駐屯地滑走路
   
愛別飛行場(運用当時)
    
 愛別飛行場(廃止後)
  
当麻滑空場    
トムラウシフライトクラブ
   
新得(西部地区)農道離着陸場
     
旭川飛行場    
旭川空港  
美瑛滑空場  
上富良野演習場飛行場
   
稚内不時着陸場跡地 

■道東■ (COMPLETE)     
紋別(オホーツク紋別)空港
  
旧紋別空港跡地
   
遠軽駐屯地滑走路
   
北見地区農道離着陸場(スカイポートきたみ)
    
旧女満別空港跡地     
女満別空港    
美幌航空公園    
美幌第一飛行場跡地    
美幌第三飛行場跡地
    
標津第二航空基地(川北飛行場)跡地   
旧中標津空港(標津第一航空基地)跡地      
中標津(根室中標津)空港       
計根別第一飛行場跡地     
計根別第二飛行場跡地    
計根別第三飛行場跡地    
計根別飛行場    
計根別第五飛行場跡地    
弟子屈飛行場跡地
   
別寒辺飛行場
   
矢臼別飛行場
   
根室航空機(花咲)不時着陸場、根室第一飛行場跡地   
根室航空基地(牧ノ内/根室第二飛行場)跡地
    
愛国釧路飛行場跡地   
釧路(たんちょう釧路)空港    
フライトパーク白糠
    
足寄芽登飛行場
  
上士幌航空公園  
然別演習場滑走路
   
帯広第二飛行場跡地
        
十勝飛行場    
帯広緑ヶ丘飛行場跡地       
音更飛行場跡地       
ホープランド飛行場     
豊頃(MICとよころ)飛行場(運用当時)       
豊頃(MICとよころ)飛行場(廃止後)  
豊頃町滑空場跡地   
帯広(とかち帯広)空港
      
上更別飛行場跡地
   
大樹町多目的航空公園
    
広尾(小紋別、豊似)飛行場跡地
   
能取水上基地跡地
  
厚岸水上機基地跡地
  
厚岸飛行場跡地  
北斗場外離着陸場跡地
  
トムラウシの飛行場
  
千代田滑空場跡地
  
中標津不時着陸場跡地 
弟子屈不時着陸場跡地 

■道央■ (COMPLETE)
深川市グライダー滑空場
   
赤平航空公園  
たきかわスカイパーク    
滝川駐屯地飛行場
   
美唄農道離着陸場(スカイポート美唄)
    
新篠津滑空場      
UFO PARK 飛行場
   
孫別演習場の滑走路
   
北大夕張川滑空場
   
南幌場外離着陸場   
王子江別飛行場跡地     
丘珠空港(札幌第二飛行場、新札幌飛行場、札幌飛行場)   
札幌第一(北海タイムス社、札幌)飛行場跡地
   
札幌興農園(興農園耕地)飛行場跡地
   
島松演習場滑走路
   
北千歳駐屯地滑走路
   
千歳飛行場(千歳着陸場、千歳第一航空基地)
   
新千歳空港
    
千歳第二、第三飛行場跡地      
日本航空学園千歳校
     
鯉沼スカイパーク   
沼ノ端飛行場跡地   
新冠飛行場  
苫小牧不時着陸場跡地   
雲雀ヶ丘飛行場跡地  
アップルポート余市
  
倶知安駐屯地滑走路
  
大滝飛行場
 
白老滑空場  
敷生飛行場跡地  
幌別駐屯地滑走路跡地
  
室蘭飛行場跡地
    
小樽航空水上基地(小樽海軍飛行場)跡地
  
富浦不時着陸場跡地 
室蘭市(室蘭市知利別)飛行場跡地 
シノダイ岬離着陸場跡地 
苫小牧飛行場跡地 
南恵庭駐屯地場外離着陸場跡地(未訪問) 

■道南■ (COMPLETE)    
八雲(室蘭八雲)飛行場
    
奥尻空港
    
旧奥尻空港跡地     
鹿部飛行場    
函館(赤川)飛行場跡地
   
函館空港
     

 東 北 
■青森県■ (COMPLETE)     
樺山飛行場跡地
     
大湊航空基地
      
青森(油川)飛行場跡地
      
旧青森空港跡地
     
青森空港
     
淋代海岸滑走路跡地
    
三沢空港
    
カワヨグリーン牧場滑走路
     
八戸駐屯地飛行場
      
八戸航空基地飛行場
    
三本木(三沢第二)飛行場跡地
  
茂浦水上機基地
  
淋代陸軍飛行場跡地 
木ノ下飛行場(木ノ下平臨時飛行場)跡地 

■岩手県■ (COMPLETE)   
観武ヶ原飛行場跡地
      
鶯宿滑空訓練所跡地
    
山田水上機基地跡地
     
花巻(いわて花巻)空港
    
岩手陸軍飛行場(後藤野飛行場)跡地
    
岩手県第二滑空訓練所跡地
     
金ヶ崎(高谷野原)飛行場跡地
    
小山(水澤)飛行場跡地
  
花巻の不時着陸用滑走路跡地  
見前滑走路(進駐軍滑走路)跡地 

■宮城県■ (COMPLETE)   
瀬峰場外離着陸場(セミネ飛行場)
     
四壇原(高清水)飛行場跡地
   
王城寺原秘匿飛行場跡地   
航空自衛隊松島基地(旧海軍矢本飛行場)
   
利府森郷場外離着陸場
     
霞目飛行(旧陸軍仙台飛行場、仙台第二飛行場)
  
青野木場外離着陸場(スカイライフ飛行場)
  
仙台空港(旧増田陸軍飛行場)
 
角田滑空場
  
宮城野原陸軍練兵場(仙台第一飛行場)跡地
  
追廻練兵場跡地
  

■秋田県■ (COMPLETE)    
能代陸軍(東雲)飛行場跡地
     
ハイランド滑空場跡地
    
大館能代(あきた北)空港
     
田代菜の花飛行場
   
大潟場外離着陸場跡地
      
旧秋田空港跡地
     
四ツ小屋滑空場
     
秋田空港
   
稲沢場外MLP専用飛行場
    
六郷(明田地)飛行場跡地
     
土浦海軍航空隊秋田基地跡地
  
新屋の飛行学校跡地 
後三年滑空機練習所跡地 
佐藤章飛行士発着跡地 
北楢岡飛行場跡地 

■山形県■ (COMPLETE)   
庄内空港(おいしい庄内空港)
  
真室川飛行場跡地
  
升形飛行場(滑空場)跡地
  
大蔵村南山の場外離着陸場
  
玉野原飛行場跡地
  
山形空港(おいしい山形空港)
  
日飛(漆山)飛行場跡地
  
むつみ飛行場  
八幡原飛行場跡地 
寒河江の滑空場跡地(推定位置) 

■福島県■ (COMPLETE) 
ふくしまスカイパーク
  
梁川場外離着陸場   
原町陸軍飛行場跡地  
磐城陸軍飛行場跡地
   
馬場平飛行場跡地
   
第二郡山航空基地(金谷飛行場)跡地
   
矢吹陸軍飛行場跡地      
福島空港
   
棚倉(沢田、石川沢田)飛行場跡地
   
須賀川飛行場跡地
  
浅川航空基地跡地  
第三郡山航空基地(大槻飛行場)跡地  
御代田航空基地跡地 


 関 東 
■茨城県■ (COMPLETE)   
十王飛行場
      
河原子滑空場跡地  
水戸北飛行場跡地
     
水戸陸軍(水戸東)飛行場跡地
     
水戸南(吉田)飛行場跡地
    
湊町海岸滑空場跡地  
大洗場外離着陸場跡地
  
水戸フライングクラブ
       
百里飛行場(茨城空港)
     
鉾田(豊鹿島)飛行場跡地     
北浦海軍航空隊跡地     
神之池航空基地跡地     
内閣中央航空研究所鹿島実験場跡地     
軽野滑空場跡地
      
筑波航空基地(友部飛行場)跡地
     
大日本飛行協会中央滑空訓練所(石岡飛行場)跡地
     
石岡航空基地(東の辻飛行場)跡地
     
千代田場外離着陸場
 
古河航空機乗員養成所(岡郷/小堤/関戸の飛行場)跡地    
下館ULP飛行場  
関城ULP飛行場    
下館飛行場跡地
     
明野場外離着陸場
     
真壁(桜川、筑波)滑空場
     
海老ケ島秘匿飛行場跡地
     
西筑波飛行場跡地
     
大畑秘匿飛行場跡地
  
大曽根飛行場跡地
  
谷田部航空基地跡地
     
霞ヶ浦海軍航空隊跡地
     
土浦海軍航空隊跡地
  
舟島水上機離着水場跡地
  
阿見飛行場
  
 阿見飛行場(廃止後) 
ピッコロ水上飛行場(鹿島海軍航空隊跡地)  
竜ヶ崎(貝原塚)飛行場跡地  
竜ヶ崎飛行場
  
大利根飛行場
  
守屋飛行場
   
守谷(MFOC守屋)飛行場跡地   
真壁(金敷)秘匿飛行場跡地 
つくば滑空場  

■栃木県■ (COMPLETE)   
スカイフィールドナス)
  
黒磯陸軍(埼玉、那須野)飛行場跡地  
金丸原陸軍飛行場跡地
  
湯津上(佐良土)飛行場跡地
  
御前原飛行場跡地
  
今市飛行場跡地
  
鬼怒川(氏家)滑空場
  
ツインリンクもてぎ南滑走路
  
宇都宮場外離着陸場
  
宇都宮陸軍(清原/鐺山)飛行場跡地
  
大野原飛行場跡地
  
宇都宮(宇都宮南)飛行場
  
壬生(上長田/国谷)飛行場跡地  
仁良川飛行場跡地
  
小山絹滑空場
  
藤岡(静和)飛行場跡地
  
スカイフィールドわたらせ離着陸場(藤岡場外離着陸場)
  
中禅寺湖水上機基地跡地 
黒磯滑空場跡地  

■群馬県■ (COMPLETE)   
板倉滑空場
     
大西(館林エアロ、旧陸軍館林)飛行場(運用当時)     
 館林(大西)飛行場跡地追加  
太田小泉飛行場跡地       
尾島飛行場跡地  
新田陸軍(生品)飛行場跡地        
桐生愛国飛行場跡地      
前橋(堤ヶ岡)飛行場跡地      
高崎飛行場跡地   
相馬原飛行場
  
伊勢崎場外離着陸場 
坂東飛行場跡地 
敷島滑空訓練所跡地 

■埼玉県■ (COMPLETE)   
羽生滑空場
    
読売加須滑空場(旧大利根滑空場)     
宝珠花滑空場     
妻沼グライダー滑空場
     
児玉飛行場跡地    
三尻陸軍(稜威ケ原)飛行場跡地     
小原(熊谷南)飛行場跡地
     
荒川河畔グライダー場跡地
   
関東松山飛行場跡地
    
東京フライングクラブ飛行場
    
ホンダエアポート
     
 桶川陸軍飛行場跡地  
坂戸陸軍飛行場跡地
    
高萩飛行場跡地    
大宮の中島飛行機飛行場跡地
    
越谷(論田、新和、荻島)飛行場跡地
      
所沢飛行場跡地     
入間基地(旧豊岡飛行場、修武台飛行場、ジョンソン基地)    
狭山飛行場跡地
      
吹上飛行場
  
大里飛行場
  
浦和(埼玉第一)飛行場跡地
  
朝霞訓練場離着陸場跡地
  
川口地方滑空訓練所(舟戸ヶ原滑空場)跡地 

■千葉県■ (COMPLETE)   
下志津陸軍飛行学校銚子分教場跡地
    
香取航空基地(干潟の飛行場)跡地    
横芝(栗山、横芝栗山)飛行場跡地    
成田国際空港(成田空港)     
下志津陸軍飛行学校八街分教場跡地     
豊成(東金)飛行場跡地    
関宿滑空場
  
蕃昌飛行場跡地    
柏飛行場跡地
    
逓信省印旛地方航空機乗員養成所、印旛(草深)飛行場跡地
   
下総航空基地
    
松戸飛行場跡地  
習志野離着陸場  
船橋飛行場跡地(初代)  
船橋飛行場跡地(二代目)
    
伊藤飛行機研究所滑走路(津田沼、伊藤飛行場)跡地    
下志津飛行場跡地
   
稲毛飛行場跡地
    
白戸飛行機教習所跡地   
浦安市の臨時滑走路
   
誉田飛行場(平川滑空場)跡地
    
真名(茂原)飛行場跡地   
茂原海軍航空基地跡地
    
太東航空基地跡地    
木更津飛行場
    
館山航空基地
    
県営千葉県魚群探見飛行場跡地  
大利根飛行場跡地(水上機基地)  
佐原飛行場跡地 
五井水上基地跡地  
第一航空学校跡地 
川口地方滑空訓練所(舟戸ヶ原滑空場)跡地 
大日本飛行協会航空機訓練所松戸飛行場跡地 
習志野4丁目滑走路跡地 

■東京都■ (COMPLETE)   
千住草加間国道秘匿滑走路跡   
赤羽飛行場跡地  
板橋(前野)飛行場跡地
  
成増陸軍飛行場跡地
  
成増飛行場秘匿滑走路跡地 
篠崎飛行場(江戸川飛行場)跡地  
江戸川飛行場跡地  
洲崎(深川浦)飛行場跡地・江東区  
月島飛行場(晴海連絡用滑走路)跡地 
東雲飛行場跡地  
代々木練兵場跡地
  
東京国際空港(羽田空港)
  
 東京羽田飛行場(1931~1939)  
 東京飛行場(1940~1945)  
 ハネダエアベース(1945~1952)  
 東京国際空港(1952~)  
戸田橋滑空場跡地
  
読売飛行場跡地
  
調布飛行場
  
東京陸軍航空学校滑空場跡地  
横田(旧福生、多摩)飛行場  
国立飛行場跡地  
立川飛行場
  
昭和飛行場跡地
  
環七滑走路跡 
旧陸軍大島飛行場、北の山陸軍飛行場、旧大島空港跡地   
大島空港(東京大島かめりあ空港)  
神津島空港  
三宅島空港
   
八丈島海軍(三根)飛行場跡地
   
八丈島空港
  
新島空港
  
 陸軍新島飛行場跡地  
 新島村営場外離着陸場跡地  
洲崎飛行場(江東区豊洲)跡地
  
深川7号埋立地(洲崎飛行場・江東区辰巳)跡地
  
中島大井(大井)飛行場跡地
  
(洲崎飛行場跡地(父島))
   
(父島飛行場)
  
(千鳥(下の、第一)飛行場跡地)
   
(元山(第二)飛行場跡地)
 
(北(上の、第三)飛行場跡地)
  
(硫黄島飛行場)
  
(南鳥島飛行場)
   

■神奈川県■ (COMPLETE)   
伊勢佐木町(若葉)飛行場跡地      
間門飛行場跡地
      
第十一横浜水上基地(根岸飛行場)跡地     
横浜水上基地(富岡飛行場)跡地
      
横須賀第一(追浜)飛行場跡地
     
横須賀第二(長井)飛行場跡地
      
横須賀第三(黒崎、初声)飛行場跡地
      
キャスナー陸軍飛行場     
相模(中津)飛行場跡地
     
大山秘密航空基地(厚木第二飛行場)跡地  
新厚木基地跡地 
厚木飛行場      
厚木(銀紙)飛行場跡地  
藤沢飛行場跡地      
磯子飛行場跡地
  
三本葭飛行場跡地
  
玉井飛行場跡地
  
片岡飛行場跡地
  
宗里飛行場跡地(第一航空学校)
  


更新履歴
2024/03/18 鹿児島県・小川飛行機練習所跡地 追加
2024/03/01 徳島県・沖洲飛行場跡地 追加
2024/02/28 香川県・日本航空輸送高松基地跡 追加
2024/02/26 香川県・善通寺練兵場着陸場跡地 追加
2024/02/14 愛媛県・愛媛義勇飛行場跡地 追加
2024/02/09 広島県・下ヶ原航空基地(六二二基地)跡地 追加
2024/02/07 島根県・高津町付近着陸場跡地 追加
2024/02/05 島根県・都野津町付近着陸場跡地 追加
2024/01/31 島根県・なかうみスカイポート 追加
2024/01/08 和歌山県・旧南紀白浜空港跡地 追加
2023/12/29 大阪府・八雲滑空道場跡地 追加
2023/12/27 兵庫県・川西鳴尾飛行場跡地 追加
2023/12/22 兵庫県・繫昌飛行場跡地 追加
2023/12/20 兵庫県・赤井野グライダー訓練所(大日本飛行協会兵庫支部第二地方滑空訓練所)跡地 追加
2023/12/15 京都府・安井飛行場跡地 追加
2023/12/11 滋賀県・琵琶湖水上機基地跡地 追加
2023/11/10 東京都・環七滑走路跡 追加
2023/11/01 道央・南恵庭駐屯地場外離着陸場跡地 追加
2023/11/01 道央・苫小牧飛行場跡地 追加
2023/10/30 道央・シノダイ岬離着陸場跡地 追加
2023/10/02 青森県・木ノ下飛行場(木ノ下平臨時飛行場)跡地 追加
2023/09/28 青森県・淋代陸軍飛行場跡地 追加
2023/09/11 岩手県・見前滑走路(進駐軍滑走路)跡地
2023/08/17 愛知県・築地の水上飛行場跡地岐 追加
2023/03/20 岐阜県・各務原中飛行場跡地 追加
2023/01/23 群馬県・敷島滑空訓練所跡地 追加


溺れた話 [■ブログ]

19503.jpg

19506.jpg
モッツァレラの香草カプレーゼ

19505.jpg
スモークサーモンのカルパッチョ

19502.jpg
濃厚チーズの雪山シーザーサラダ。サーブされてから削りチーズで真っ白に。

19501.jpg
自家製ローストビーフ -シャリアピンソース

19289.jpg
チーズの海に溺れるグリルチキン 皮パリパリ。オイラはコレが一番美味しかった。

19497.jpg
季節野菜のラクレットチーズがけ

19496.jpg
雪山チーズのボロネーゼ チーズで真っ白になる前にも撮っておけばヨカッタ

19493.jpg
チーズたっぷりハニーモンテビアンコ アイスにハチミツとチーズかかってて美味しい


チーズ好きシェフによるおまかせ8品。

※メニューは公式サイトからコピペしました。

「変更する場合あり」とのことで、間違えてたらゴメンナサイ。


前記事の通り、妹と弟がそれぞれ帯状疱疹とコロナになってキャンセルしていたのですが、

2人とも回復したため、3月下旬、弟と名古屋から改めて遊びに来た妹の3人で溺れに行ったのでした。

写真は全て3人分。

「コレ、1人分でもイイよね〜」なんて話していたのですが、

さすがチーズなだけのことはあり、最後は十分満足でした(その後デニーズ行ったけど)。

妹は「実家来たら、また来たい」と大層気に入ったご様子。


実はこのお店、年末に予約をいれていたのにキャンセルしてしまい、先月もキャンセルしてしまい、

三度目の正直でした。

お店の予約フォームには、「度重なるキャンセルの方は予約拒否の措置をとらせて頂きます」

的なことが書かれており、ビクビクだったのですが、無事予約が通って一安心でした。

今回はちゃんと行ったので、汚名返上できてると良いのですが。

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

とほほ話 [■ブログ]

2月初旬また九州方面に行く計画だったのでした。

仕事、用事を完璧に済ませ、

出発前日の夕方仕事から戻って車から仕事関係の不要な物をすべて下ろし、旅行用の積み込み。

この後の伏線として積み込んだブツをわざわざ書き出してみますれば、

まずは水1箱(2Lx6本)、見学ポイントのファイル、撮影機材、入浴セット、5日分の衣類、

車中泊用の窓の目隠し、各種充電、栄養ドリンク、コーヒー、野菜ジュース、

床面をフラットにするための板を敷き、マットレスを敷き、車中泊用マクラをセット

ETCカードセット、最後におやつ(超重要)


特に今回は初日の見学箇所に時間制限があったため、出発時刻を午前2時半にせざるを得ず、

カーナビに目的地、経路設定まで済ませておくという念の入れよう。

前日までにできる準備を全て済ませると、もう21前。

そろそろ寝るか。というタイミングで、弟から「コロナになったかも」とLINEがΣ(゚Д゚;)

体温が39℃弱あり、簡易キットでの結果は、「測定不能」(浮き出る線が極めて不鮮明)とのことで、

明日病院に行くとのことでした。

同居する母は今のところ平熱らしい。

旅行先が関東圏内ならまた別なんですが、1日がかりで九州まで移動したところで、

「やっぱりコロナだった」だとマズイです。

ということで、旅行は中止にしたのでした。


結局弟は翌日病院で陽性判定が出て、その後40日間咳が続き、自宅隔離となったのでした。

後遺症が出なかったのがせめてもの。

高齢で病気持ちの母に染らなかったので一安心。

その後母は2月下旬に1人で沖縄に遊びに行き、

「すごく楽しかった。次は北海道行きたい。台湾も行きたい」などと、久々の沖縄を満喫したのでした。


実は九州から戻った翌週には、妹が名古屋から遊びに来ることになっていて、

チーズ好きな妹の熱望で、「チーズの海に溺れたい」という、

チーズそんなにな方にとっては店名だけで胸焼けしそうなお店に予約を入れていたのですが、

弟がコロナになったのと同じ日、妹は帯状疱疹になってしまい、予約キャンセルしたのでした。


そして最後にスギヒノキ花粉症のオイラ。

2月初旬は車中泊できるギリギリのタイミングだったのですが、

これを外してしまったため、花粉が収まるまで、しばらく車中泊旅行はおあずけと相成ったのでした。

とほほ。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

九州・5 [■旅行記]


Ⓐ三木SA→Ⓑ桂川PA→ⓒ岡崎SA→Ⓓ清水PA→Ⓔ自宅//


1:50 起床 

気温-1℃と低くて、一応寝袋も持ってきたんですが、布団と毛布2枚で十分でした。

車中泊中は、目を覚ましたら、まずは身支度を整えて、

それから目隠しを外して窓の内側にびっしりと付いた結露取りなんですが、

フロントとリアの結露が凍ってました(@Д@)

こんなこと初めてです。

幸いフロントはタオルで拭き取れるシャーベット状だったので良かったのですが、

リアは結構ガチガチだったので拭き取りはできず、走行中にデフォッガーを使用することに。


2:25 三木SA出発。

ここから自宅まであと600km弱。

リアデフォッガーON。

多分、この機能使うの人生初です。

3:30 桂川PA

5:20 岡崎SA こんな早朝なのに売店開いてたのでお土産購入。

ということで自宅に向けひた走っているのですが、実は少々困った事態に陥っていて、

自宅に到着してもまだまだ走行可能距離が余裕で残っていたのに、

その余分の走行可能距離が、100km走るごとに50km位の勢いでどんどん減ってゆくのです。

なんで? 気温か? 気温のせいなのか??(゚Д゚;≡;゚Д゚)

120km/h区間も大人しく100km/hで走行(でもやっぱりどんどん減ってゆく)。

この調子だと、東名道から圏央道に入る辺りで自宅にすら辿りつけなくなりそうです(;´Д⊂)

でも圏央道に給油できるSA、PAなんてあったかしらん。

IMG_20240114_073515907_HDR_4_0.jpg
7:20 清水PAにてすた丼(前回で超気に入った)

店内で検索したところ、海老名SAに24時間営業のスタンドがあることが判明。

良かった~。

イザとなったら、ここで給油しよう。

…と思っていたのですが、オイラは東名道から分岐で圏央道を走るのに、

海老名SAは東名道にあり、しかも分岐の先でした。危ない。

圏央道に入ったところで、75km/h巡航の大型トラックの後ろについていくことに。

(本当はスリップストリーム使いたいけど使ってません)

すると、一時は自宅到着して9km分しか余裕のないところまで落ち込んでいた走行可能距離が、

少しずつ増え始めました。

た、助かった~。

これで勝てる(かも)。


最寄りのIC下りてすぐの所にスタンドあるので、そこまではもって欲しいのですが、

行きつけのスタンドだと会員割引使えるので、できればそこまで行きたい。

結局、自宅最寄りのICで降りて、買い物して、行きつけのスタンドで無事給油できました。

この時点で走行可能距離は残り18kmでした。

10:40 自宅着。

これで今回の旅行は終了です。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

(もう続かない)


本日の走行距離:578km
総走行距離:3,387km
総燃費:25.32km/L

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

■旅行記・リスト■ [■旅行記]

2000年 
沖縄・1 
沖縄・2 
沖縄・3 
沖縄・4 

2003年 
新潟,石川・1 
新潟,石川・2 
新潟,石川・3 
新潟,石川・4 

2004年 
沖縄・1 
沖縄・2 
沖縄・3 
沖縄・4 
沖縄・5 
関東 
東北・1 
東北・2 
東北・3 
九州・1 
九州・2 
阿蘇山  

2005年 
御巣鷹の尾根 
東北・1 
東北・2  

2006年
先島・1  
先島・2  
先島・3  
先島・4  
先島・5  
先島・6  
沖縄・1 
沖縄・2 
沖縄・3 
新潟 
高知
 
YS-11 搭乗記  
九州・1   
九州・2(1)   
九州・2(2)   
九州・3   
九州・4,5   
アメリカ・1   
アメリカ・2
   
アメリカ・3
  
アメリカ・4   
アメリカ・5
   

2007年
新潟空港 
沖縄行ってきます
とり@那覇市
とり@今夜も那覇市
うりずんにご用心!
沖縄旅行・1 那覇、南大東島
沖縄旅行・2 シュガートレイン、日没
沖縄旅行・3 海軍棒、塩屋海岸
沖縄旅行・4 北大東島の日没
沖縄旅行・5 沖縄最東端
沖縄旅行・6 波照間行き
沖縄旅行・7 日本最南端の碑
沖縄旅行・8 波照間空港
沖縄旅行・9 「さようならT先生」
沖縄旅行・10 久米島
沖縄旅行・11 ゴッパチドライブ
沖縄旅行・12
調布飛行場→神戸空港
JAPCON 新社屋落成式典
C58-16
神割崎
志津川湾
入港
出港
新潟港
車中泊
東北旅行・2日目
東北旅行・3日目
中部 車中泊 その1(奈良井木曽の大橋の話)
中部 車中泊 その2(ガス欠でピンチ!の話)
中部 車中泊 その3(滑空場の夕日がキレイだったという話)
中部 車中泊 その4(おんじの話)
中部 車中泊 その5(紅葉がキレイだった話)
沖縄旅行 その1(自宅から那覇へ移動した話)
沖縄旅行 その2(ひめゆりの塔、那覇タワー、海中道路、アメリカンビレッジ)
沖縄旅行 その3(やんばる亜熱帯園、今帰仁城跡)
沖縄旅行 その4(首里城、居酒屋)
沖縄旅行 その5(自宅に戻った話)

2008年
新潟・1(自宅から山越えして新潟に向かった話)
新潟・2(新潟空港と港をうろついた話)
新潟・3(自宅に帰る話)
沖縄行き・1(すっごいドキドキした話)
沖縄行き・2(瀬長島でヒコーキ見物の話)
沖縄行き・3(瀬長島で野球見物の話)
沖縄行き・4(4日分かよっ!という話)
また沖縄・1 首里城取り止め!(ふくさんがやってくれた話)
また沖縄・2 那覇タワー(那覇タワーイイ!という話)
また沖縄・3 美ら海水族館(美ら海水族館に行った話)
また沖縄・4 滑走路の行方(滑走路をうろついた話)
また沖縄・5(帰る話)
高校生日記・01(東京駅のホームに至るまでの話)
高校生日記・02(テツをやめた話)
高校生日記・03(鹿児島で右往左往の話)
高校生日記・04(とってもお世話になった話)
高校生日記・05(船乗りにパシらされる話)
高校生日記・06(甘酸っぱくない話)
高校生日記・07(兄さんにパシらされる話)
高校生日記・08(戻る話)
北海道・1(場所確保大事!という話)
北海道・2(部屋に入れない話)
北海道・3(性格変えないといけない話)
北海道・4(人のカメラに触った話)
北海道・5(雨で大ショック!の話)
北海道・6(お巡りさんに「全然寒くないです」と言い張った話)
北海道・7(6月なのに震えた話)
北海道・8(ノリ弁の美味しさに涙した話)
北海道・9(人の話はちゃんと聞かないとダメ!という話)
中国、四国・1(風呂に入れなかった話)
中国、四国・2(四国に入った話)
中国、四国・3(天気予報に引っ張り回される話)
中国、四国・4(エンジンブレーキの話)
新潟、山形、福島旅行(ふくスカにいく前にあちこちうろついた話)
グアム・1(シャワーの使い方が分からない話)
グアム・2
(見えない、食べられない、動けない話)
グアム・3
(オイラは踊れないという話)
グアム・4(オイラは英語しゃべれないという話)
グアム・5(きっぱり断れない話)
グアム・6(信頼されない、見つけられない、負けられない話)
グアム・7(発見できない、給油できない、買い物できない話)
グアム・8(フォーマル持ってない話)
グアム・9(特売の大根の話)

2009年 
北海道旅行・1(老人パワーに負けた話)       
北海道旅行・2
(寒さに負けた話)    
北海道旅行・3
(思い出に負けた話)        
北海道旅行・4
(サイクリングに負けた話)      
北海道旅行・5
(渋滞に負けた話)       
北海道旅行・6
(悪天候に負けた話) 
九州旅行・1日目(SF社長にお会いした話)  
九州旅行・2日目(ホバークラフトに乗った話)  
九州旅行・3日目
(掩体壕を見まくった話) 
九州旅行・4日目(上)(火山灰がすごかった話)  
九州旅行・4日目(下)
(島の生活の話) 
九州旅行・5日目
(島から鹿児島に上がった話)  
九州旅行・6日目
(戻った話) 
また九州・1日目
(車でGO! の話)  
また九州・2日目
(種子島、屋久島に行った話)  
また九州・3日目
(福江、博多に行った話)     
また九州・4日目(関西に行った話) 
また九州・5日目(南紀、名古屋に行った話) 

2010年
(小)雪の新潟空港(R/W10エンドに行った話)
北海道旅行・1(見る所多くて大変な話)
北海道旅行・2(カラスに襲われた話)
甲子園に行った話     
北海道旅行・3(カメになりそうだった話)
北海道旅行・4
(大回りをした話)
北海道旅行・5(ギリギリセーフの話)
北海道旅行・6(大ショックだった話)
富士山(など)の写真(富士さんとかの写真の話)

2011年  
新潟紀行(日帰りドライブの話) 
北部九州旅行・1
(博多港に辿り着けず!!>< の話) 
北部九州旅行・2
(何もかもうまくいかない話) 
甲子園紀行
(また甲子園に行った話) 
北部九州旅行・3(いろいろ捕まる話) 
北部九州旅行・4(1日2島回った話) 
北部九州旅行・5(毛虫に襲われた話) 
南九州旅行・1(資料忘れた話) 
南九州旅行・2(お風呂を探して彷徨った話) 
ふくスカ・リンゴ祭り(ふくスカに行った話) 
南九州旅行・3(雨が降り始めた話) 
南九州旅行・4
(すんごい降ってた話) 
南九州旅行・5(帰った話)  
日帰り新潟(新潟をコンプした話) 
東北旅行・1(秋田をコンプした話) 
東北旅行・2(青森をコンプした話) 
東北旅行・3(岩手をコンプできなかった話) 
東北旅行・4(山形県、宮城県をコンプできなかった話) 
東北旅行・5(福島県をコンプした話) 
(福島と)栃木へ行った話・1(詳しくは書いてないけど、前回の旅行で詐欺に遭ったことが判明した話・怒) 
栃木に行った話・2(ふくスカに行った帰りに栃木に寄っているので2から始まってる話) 
栃木へ行った話・3(丸2日費やしても栃木回りきれなかった話) 
中部・近畿旅行・1(連続で閉まってた話) 
中部・近畿旅行・2(夕焼けがキレイだった話) 
中部・近畿旅行・3(山で彷徨った話) 
中部・近畿旅行・4(お風呂に入れなかった話) 
中部・近畿旅行・5(またまた空振りだった話) 
名古屋に行った話(そのままの話) 
日帰り栃木(栃木でアチコチ寄った話) 
吉見百穴と新田荘歴史資料館に行った話(あかでみっくな一日だった話) 

2012年  
沖縄旅行・1(とてもはかどった話) 
沖縄旅行・2(牛さんと船に乗った話) 
沖縄旅行・3(酔った話) 
沖縄旅行・4
(最北端の話) 
沖縄旅行・5(頭痛腰痛に悩まされた話) 
沖縄旅行・6(自宅に戻った話) 
東京・埼玉に行った話(日帰り見学) 
千葉県を回った話・1(結構回れた話) 
千葉県を回った話・2(宿題がいっぱい残った話) 
2012 ふくスカ りんご祭り・1(今年もふくスカに行った話) 
2012 ふくスカ りんご祭り・2(メインイベントの話) 
東北、茨城に行った話・1日目(今年も東北を回った話) 
東北、茨城に行った話・2日目(夕焼けが怖かった話) 
東北、茨城に行った話・3日目(茨城の長老からいろいろ教えていただいた話) 
近畿、中国に行った話・1(お客さんのお宅から直行した話) 
箱根(親戚と箱根に行った話) 
近畿、中国に行った話・2(日没に追われた話) 
近畿、中国に行った話・3(競馬場に入った話) 
近畿、中国に行った話・4(脱輪しかけた話) 
近畿、中国に行った話・5(滑走路まで辿り着けなかった話) 
(福島と)茨城に行った話・1(報われない話) 
茨城に行った話・2(入れない話) 
九州に行った話・1(出られない話) 
九州に行った話・2(鹿児島の親切なおぢさんたちの話) 
九州に行った話・3(ドア開けられた話) 
九州に行った話・4(自重した話) 
九州に行った話・5(雨に追いかけられた話) 
中国地方に行った話・1(また出掛けた話) 
中国地方に行った話・2(痛恨のミス!!の話) 
中国地方に行った話・3(太平洋側に行った話) 
中国地方に行った話・4(ステキなシーザーサラダおじさんの話) 
てつのくじら館(掃海艇の任務に驚いた話) 
大和ミュージアム(小さく造ろうとしていた話) 
中国地方に行った話・5(危なかった話) 
栃木県と茨城県に行った話(弟と回った話) 

2013年 
千葉県を回った話(日帰りの話) 
(東京と)千葉に行った話(東京とほほ。な話) 
山口県(と広島県)に行った話・1(出発が遅れて移動のみになった話) 
山口県(と広島県)に行った話・2(クレーンが撮れて嬉しかった話) 
山口県(と広島県)に行った話・3(風光明媚な観光地を回った話) 
山口県(と広島県)に行った話・4(いきなり抱きつかれた話) 
山口県(と広島県)に行った話・5(自宅に戻れない話) 
沖縄旅行・1(着いたらスコールだった話) 
沖縄旅行・2(アフリカマイマイ怖いという話) 
沖縄旅行・3(雨の瀬長島の話) 
沖縄旅行・4(国際通りを歩いた話) 
沖縄旅行・5(那覇空港の話) 
沖縄旅行・6(スカイマークのイメージが急上昇した話) 
北海道旅行・1(また北海道を走った話) 
北海道旅行・2(シカと走った話) 
北海道旅行・3(ライフル持ったソルジャーから走って逃げた話) 
北海道旅行・4(フロアを彷徨った話) 
北海道旅行・5(走れなくなった車の話) 
北海道旅行・6(振り掛けられなかった話) 
八丈島、三宅島・0(前フリの話) 
八丈島、三宅島・1(いろいろまごついた話) 
八丈島、三宅島・2(血が!の話) 
八丈島、三宅島・3(とっても怖かった話) 
八丈島、三宅島・4(無事船に乗れた話) 
九州旅行・1(鹿児島にGO! の話) 
九州旅行・2(朝焼けがキレイだった話) 
九州旅行・3(今回は間に合った話) 
九州旅行・4(日韓関係について考えさせられた話) 
九州旅行・5(カニに文句を言われた話) 
九州旅行・6(朝からラーメン食べた話) 
関東、東北旅行・1(おじいさんからいろいろ伺うことができた話) 
関東、東北旅行・2(普通にエンジンを止めた話) 
関東、東北旅行・3(普通にエンジン掛からない話) 

2014年
大島、神津島・1(大島のキョンの話) 
大島、神津島・2(大慌てした話) 
大島、神津島・3(無事に戻った話) 
四国~東京・1(四国に向かった話) 
四国~東京・2(順調に進んだ話) 
四国~東京・3(大勢の長老からお話を伺った話) 
四国~東京・4(ギリギリだった話) 
四国~東京・5(怒られた話) 
四国~東京・6(ギリギリまでほっつき歩いた話) 
埼玉県、群馬県を回った話(オイラの夏休みの話) 

2015年 
高崎市に行った話(食い気に負けた話) 
茨城県に行った話(hiroさん ありがとうございます! という話) 
Tさんと回った日(787やっと見た話) 
群馬に行った話(いろんな生き物に襲われた話) 
千葉県を回った話(滑走路が残ってるかとっても心配だった話) 
中部・1(シャトレーゼは全国規模! という話) 
中部・2(踊ってなしい歌ってない話) 
中部・3(砂浜にビビった話) 
中部・4
(ギリギリセーフの話) 
中部・5(Fさんと食べ納めの話) 
東海、近畿・1(Fさんのお見舞いに出掛けた話) 
東海、近畿・2(紀伊半島がデカかった話) 
東海、近畿・3(今回の旅行の主目的を果たした話) 
東海、近畿・4
(イオンのBGMに驚いた話)  
東海、近畿・5(朝からデニった話) 
東海、近畿・6(関西の道路事情の話) 
中国・1(FさんのPCを運んだ話) 
中国・2(未明の山上で右往左往した話) 
中国・3(美人の湯に入った話) 
中国・4(島に足止め!の話) 
中国・5(手がカサカサの話) 
中国・6(無事自宅に戻った話) 

2016年 
神奈川県(鶴見区役所にお世話になった話) 
東京・1(ヘンな組み合わせの話) 
東京・2(席をとられた話) 
神奈川県+羽田(再び神奈川に行った話) 
埼玉県、群馬県(4月)(アツく語ってしまった話) 
九州・1(停滞していた話) 
九州・2(寒かった話) 
九州・3(ズレていた話) 
九州・4(計画通りに進まない話) 
九州・5(ワイエスを見た話) 
九州・6(最後腰が痛くなった話) 
関西、中国、四国・1(エマージェンシーランディング・デュー・ツー・閃輝暗点の話) 
関西、中国、四国・2(いろいろとワタワタした話) 
関西、中国、四国・3(言い聞かせた話) 
関西、中国、四国・4(喉が痛い話) 
関西、中国、四国・5(すかさず撮った話) 
関西、中国、四国・6(やまかけうどんの話) 
北海道、東北・1(緊急搬送ヘリがやってきた話) 
北海道、東北・2(「やませ」の話<まみじゃないよ>) 
北海道、東北・3(津軽海峡を渡った話) 
北海道、東北・4(おいなりさんが赤い話) 
北海道、東北・5(福島で積み残しの話) 
北海道、東北・6(自宅に戻った話) 
神奈川、東京、埼玉(日帰りで周った話) 

2017年 
1月・高萩飛行場跡地へ(逆に近場は逆になかなか行けないという話。逆に) 
防衛研究所に行った話(そのまんま2月に行った話) 
沖縄・1(荷物と服装で慌てた話) 
沖縄・2(ターミナルで慌てた話) 
九州、中国・1(Fさんとカラオケボックスで一夜を明かす計画が倒れた話)  
九州、中国・2(ヒコーキを使った挙句、たどり着けなかったという残念な話) 
九州、中国・3(降られた話) 
九州、中国・4(いろいろ積み残した話) 
九州、中国・5(ナマ水上機の話) 
九州、中国・6(戻って即仕事の話) 
福島県(ホテル抜け出した話) 
千葉県を周った話(Kさん本当に本当にありがとうございました。という話) 

2018年 
中部(関東、関西)・1(準備不足でちょっと出遅れた話) 
中部(関東、関西)・2(視線がイタかった話) 
中部(関東、関西)・3(逃げるように退散した話) 
中部(関東、関西)・4(余震が心配だった話) 
東北、関東・1(お金あまり持って来なかった話) 
東北、関東・2(普通の店舗に戻っていて安心した話) 
東北、関東・3(いろいろ考えさせられた1日の話) 
東北、関東・4(吠えられたり鳴かれたりした話) 
東北、関東・5(スイスイ帰れた話)
軽井沢に行った話(2015年3月の話)
2018/11/3(土)(自宅近くからBIを見た話)
新宿に行った話(久々に師匠にお会いした話)

2019年 
埼玉県、千葉県を周った話(仕事のついでに日帰りで周った話) 
東北・1(服装失敗した話) 
東北・2(すごい走った話) 
東北・3(福島はまだまだ大変な話) 
東北・4(漢字の読み方を聞いておけばよかった話) 
中部、近畿、中国・1(迂回できない話) 
中部、近畿、中国・2(インシデント発生!の話) 
中部、近畿、中国・3(やらかしてしまった話) 
中部、近畿、中国・4(豆腐が旨かった話) 
中部、近畿、中国・5(万一の時の話) 
防衛研究所に行った話(毎年恒例の話) 

2020年 
熱海に行った話(これが当分のお泊り旅行納めとなった話) 
東京に行った話(すごく寒かった話) 

2021年 
栃木と福島に行った話(原発とコロナの話) 
千葉に行った話(マムシが怖くて行けない話) 
東京、千葉に行った話(癒された話) 

2022年 
群馬県に行った話(会えなかった話) 
千葉に行った話(マムシリベンジの話) 

2023年 
長野県に行った話(足跡が怖かった話) 
新潟空港に行った話(トンネルが快適だった話) 
群馬に行った話(中島飛行機見学ツアーの話) 
中部・1(久々の車中泊の話) 
中部・2(辿りつけない話) 
中部・3(足をくじいた話) 
中部・4(バレた話) 
東北・1(事なきを得た話) 
東北・2(これで勝つる!な話) 
東北・3(台湾の皆さん本当にありがとうございますm(_ _)m ) 
北海道・1(個室化してた話) 
北海道・2(アドレナリン大放出話) 
北海道・3(スケジュール決めるの難しい話) 
北海道・4(整った話)
北海道・5(ヘロヘロになった話) 
東京さ行った話(そこらへんの草の話) 
山梨に行った話(自動車館には入らなかった話) 
茨城と千葉に行った話(通報されずに済んだ話) 
近畿・1(早めに帰る話) 
近畿・2(もろたらもろての話) 
近畿・3(予約済みの話) 
名古屋・1(ちょっと仮眠の話) 
名古屋・2(本眠になってた話) 
名古屋・3(味噌煮込みうどんおいしい話) 
中国四国・1(忘れた話) 
中国四国・2(朝焼けがキレイだった話) 
中国四国・3(間に合った話) 
中国四国・4(ホンダセンシング様々な話) 
中国四国・5(燃料の減りがパナイ話) 

2024年 
九州・1(まるで精密機械な話) 
九州・2(大誤算な話) 
九州・3(事前に偵察した話) 
九州・4(初めて使った話)
九州・5(海老名SAでは給油できない話) 
奄美群島・1(前編)(旅行中止??な話) 


大分県・HOV.OTA(西大分側)・建設中 [├場所]

   2024年1月訪問  






大分県大分市にて建設の進む西大分側ホーバーターミナル。


2225475_4012783_img.png
ホーバーターミナルおおいた「HOV.OTA」(ホボッタ)

通称は、「ホーバー」や「おおいた」の語感を残し、ホとボの連続や、跳ねる音を取り入れるなどして、可愛らしく親しみやすい響きを目指し、欧文表記の一部 H・O・V・O・T・Aを用いた「HOV.OTA(ホボッタ)」としました。

シンボルマークのデザインは、ターミナル外観の特徴的な形状である「空へと上昇していく」ような勾配を取り入れ構成しています。
勾配が文字の大小のリズムを生み、旅への期待感を演出することを目指しました。また、上下のラインは、呼びかける吹き出しのようにも見え、人が集う場の賑わいを表現します。(画像と共に大分県公式サイトから引用)


DSC_2431_00001.jpgDSC_2429_00001.jpgDSC_2425_00001.jpg

2024年2月現在、「今秋運航開始予定」としています。




     大分県・西大分側ホーバーターミナル(建設中)         
西大分側ホーバーターミナル データ
設置管理者:大分県
所在地:大分県大分市駄原
座 標:33°14'54.9"N 131°35'37.5"E
(座標はグーグルアースから)

関連サイト:
ブログ内関連記事  


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

九州・4 [■旅行記]


Ⓐ道の駅 のつはる→Ⓑホボッタ→ⓒ大分空港→Ⓓ草地飛行場跡地→Ⓔ中津飛行場跡地→Ⓕ旧北九州空港跡地→Ⓖ北九州空港→Ⓗ山口宇部空港→(赤マーカー:和佐水上機基地跡地)→Ⓘ宮島SA→Ⓐ吉備SA→Ⓑ三木SA(車中泊)


4日目

4:50 起床 気温3℃

昨晩就寝時、オイラのクルマの周辺には、他に駐車車両はなかったのですが、

気が付くとすぐ隣に車中泊の車が停まってました。

昨晩ファミマで調達しておいた朝食を済ませ、静かに静かに出発準備。

6:20 道の駅 のつはるを出発しようとエンジンを始動し、隣の車はまだ寝てるようなので、

即走り出そうと思ったのですが、ワイパーを動かしたら「バリバリ」と音がして、

ここで初めてフロントガラスに霜が付いていることに気が付くΣ(゚Д゚;)

幸いウインドウォッシャー噴射ですぐ溶ける程度だったので、助かりました。

もっと気温が低いと、こんなことしたら火に油状態なんですよね。

ちゃんと確認しないとダメですね。


そして例によってひたすら移動と撮影。

6:55 先ずは昨日すっかり真っ暗になってから下見した大分市内側のホーバーターミナルへ。

その後、大分空港へ。

期せずしてホーバークラフトの運航路線を陸路で移動することとなりました。

土曜日の朝でスイスイ走れる時間帯でしたが、それでも所要1時間ちょい。

市内の渋滞を昨晩タップリ味わったオイラとしましては、海路を設ける意味は十分あると思います。


DSC_2436_00001.jpgDSC_2435_00001.jpg
@大分空港第2駐車場

脚立、大砲持参のおっちゃん2名がフェンスに張り付いたため、ナニか珍しいヒコーキでもいるのかしらん。

と寄ってみたらホンダジェットでした(@Д@)

昨年青森の航空科学博物館にて展示機は見ましたが、運用中の機体をナマで見るのは初めてヽ( ゚∀゚)ノ

静岡空港が定置場の日本法人所有 JA01JP でした。

国内では最もメジャーなホンダジェットなんでしょうか。


13:10 九州で予定していた見学ポイント終了。

即山口県に移動することに。

さらば九州。

山口宇部空港の見学を終え、同じく山口県の次の見学ポイントに向うことに。

次の目的地は約145km先にある和佐水上機基地跡地。

到着予定時刻は17:11 と出ました。

撮影できる明るさのリミットは17:30なので、145kmも先なのに、20分しか猶予がありません。

ギャンブルなんですが、ともかく走り出しました。

ところが途中で渋滞表示が出て、到着予定時刻がじりじりと延びてきました。

時間帯が時間帯なだけに、この渋滞は解消されるどころか、ますます酷くなる可能性が高いです。

しばらく様子見しながら走ってたのですが、今回は止めにして、次回に回すことに。

残念。

今回の旅行での見学はこれで終了。

自宅に戻ります。


IMG_20240113_165151394_3_0.jpg
16:45 宮島SA にて夕食。

そして給油。

フィット4のタンク容量は40L。

24Lしか入らなかったけど、これでいいのだ。

ここから自宅まで約850km。

往路では満タンで(計算上)約1,000km走れたはずなので、これで余裕で自宅に着くハズ。

という計算で、ちょっとタイミング早いんですけど、ここで入れたのでした。

高速のガス代はやっぱり高いです。

(本当は和佐水上機基地跡地に寄って、高速に乗る直前の給油を目論んでた)

19:05 吉備SAにておやつ休憩

瀬戸内海側は今日も1日いいお天気だったのに、山陰方面はチェーン規制がかかってる。

20:30 三木SA着。

眠くなってきたのでココで車中泊することに。

20:55 寝る

おやすみなさい。

本日の走行距離:727km

(続きます)



再訪の場所は既存の記事に追記してあります。

大分空港 
草地飛行場跡地 
中津飛行場跡地 
旧北九州空港跡地 
北九州空港 
山口宇部空港 

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大分県・海軍航空廠高城発動機工場跡 [├場所]

   2024年1月訪問  



1.png
撮影年月日1948/03/30(昭23)(USA R230 39) 終戦から2年半。工場敷地の様子がまだ残っている
8.png
撮影年月日1961/04/25(昭36)(MKU612 C4 18) 第六工場以北は道路が設けられ、ほぼ宅地化
a.png
撮影年月日1975/03/13(昭50)(CKU749 C3 20) 第六工場周辺のみクローズアップ
b.png
撮影年月日2007/04/29(平19)(CKU20071 C19 23) 最後まで残った第六工場。ドラッグストアは立替た模様
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成。上4枚とも)


大分県大分市高城(たかじょう)西町にあった「海軍航空廠高城発動機工場」。

当工場で実際に勤務しておられた方が作成した工場の(もの凄く分かり易い)パネル図が、

大分縣護國神社の言霊記念館にあり、これがいくつかのサイト様で閲覧できます 

日豊本線と台地に挟まれた東西に細長い敷地で、敷地の西端に正門があって、分解担当の第一工場があり、

分解、仕上、組立、補機、試運転担当の第六工場、発送担当の第七工場が敷地の東端にありました。

「傷ついたエンヂンが送り込まれた」等説明があることから、

ここは単なるエンジン生産工場ではなかったのですね。


■「九州の戦争遺跡」168p に以下記されていました。

海軍航空廠高城発動機工場跡 〇大分市高城西町
 
 高城駅の南側は、かつて第12海軍航空廠の発動機(エンジン)工場があった所である。工場敷地は日豊本線と現在高城美晴台団地がある台地に挟まれた場所で、昭和十五(一九四〇)年に着工し、昭和十七(一九四二)年に完成した。
 ここには六つの工場があり、台地斜面には空襲を避けるため工場壕が掘削された。機密を守るため、ここを通る列車は車内から見えないように窓の鎧戸を閉めさせられたそうである。
 戦後は、第六工場(防音設備を備えたエンジン試運転工場)だけを残し工場群は解体され、敷地跡は新しい道路が造られ、住宅地やショッピングセンターとなった。
 第六工場跡はしばらく焼酎工場として利用されていたが、平成十九(二〇〇七)年に解体され、現在は大型パチンコ店になっている。
 解体前に筆者がこの工場跡を訪れたときには二階建の巨大なコンクリートの建造物が聳え立ち、内部に入ると分厚いコンクリートの壁に区切られた部屋が続き、入口の鉄扉には無数の機銃掃射の弾痕穴があいていた。
 歴史的に貴重な遺構であり、地元の平和団体の方が保存運動をしておられたが、ついに実現できず、解体されてしまった。
 現在残る遺構は、ここから少し西に行ったところにあるイタリア料理店(中略)裏の台地下に工場壕跡が三つ残るだけである。


上に年代ごとの航空写真を貼りましたが、徐々に工場が姿を消していく様子が分かりますね。

「九州の戦争遺跡」によれば、最後に残っていた第六工場が2007年に解体されたとあります。

上に貼った最後の航空写真は2007年のものですが、まだ第六工場が写っています。

工場の最後の姿ですね。

残された三つの工場壕跡を見てきました。

DSC_2416_00001.jpg
赤マーカー地点。


DSC_2418_00001.png
青マーカー地点。


DSC_2422_00001.jpg黄色マーカー地点。



      大分県・海軍航空廠高城発動機工場跡         
海軍航空廠高城発動機工場 データ
設置管理者:海軍
所在地:大分県大分市高城西町
座 標:33°14'24.4"N 131°39'07.3"E
標 高:14m
(座標、標高、方位はグーグルアースから。滑走路長さは防衛研究所資料から)

沿革
1940年 着工
1942年 完成
1945年 終戦
2007年 第六工場解体

関連サイト:
ブログ内関連記事

この記事の資料:
九州の戦争遺跡


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年03月|2024年04月 |- ブログトップ
メッセージを送る