SSブログ

愛媛県・八幡浜湾 [├場所]

   2023年12月訪問  




愛媛県西部、佐田岬半島の付け根にある八幡浜湾。

大正時代、ここに水上機が飛来しました。

また、3年後には遊覧飛行もありました。

八幡浜市誌 :合併10周年記念版.第1巻 (歴史編)150p
四 八幡浜と飛行機
 大正一三(一九二四)年七月二五日に、朝日新聞社の水上飛行機「千鳥号」が新聞の宣伝のためにやって来て、八幡浜湾に着水した。この飛行機を一目見たさに、大勢の市民が築港一帯に殺到し、栗野浦や向灘から小舟をこぎ出した人々も多かった。三年後には、大分県別府市で遊覧飛行に使われていた「春風号」をチャーターしたセレモニーがあり、希望者を乗せて八幡浜湾上空を旋回した。

DSC_1920_00001.jpgDSC_1923_00001.jpgDSC_1925_00001.jpg


赤マーカー地点(上3枚とも)。

「八幡浜湾」としか分からないため、湾内が見晴らせる場所から。

100年前、ここで水上機が飛んでいたことがあったのですね~。




     愛媛県・八幡浜湾         
八幡浜湾 データ
所在地:愛媛県八幡浜市

沿革
1924年07月 25日 朝日新聞社の水上機「千鳥号」が八幡浜湾に着水
1927年    希望者を乗せて八幡浜湾上空を飛行

関連サイト:
ブログ内関連記事

この記事の資料:
八幡浜市誌:合併10周年記念版.第1巻(歴史編)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る