SSブログ

九州・4 [■旅行記]


Ⓐ道の駅 のつはる→Ⓑホボッタ→ⓒ大分空港→Ⓓ草地飛行場跡地→Ⓔ中津飛行場跡地→Ⓕ旧北九州空港跡地→Ⓖ北九州空港→Ⓗ山口宇部空港→(赤マーカー:和佐水上機基地跡地)→Ⓘ宮島SA→Ⓐ吉備SA→Ⓑ三木SA(車中泊)


4日目

4:50 起床 気温3℃

昨晩就寝時、オイラのクルマの周辺には、他に駐車車両はなかったのですが、

気が付くとすぐ隣に車中泊の車が停まってました。

昨晩ファミマで調達しておいた朝食を済ませ、静かに静かに出発準備。

6:20 道の駅 のつはるを出発しようとエンジンを始動し、隣の車はまだ寝てるようなので、

即走り出そうと思ったのですが、ワイパーを動かしたら「バリバリ」と音がして、

ここで初めてフロントガラスに霜が付いていることに気が付くΣ(゚Д゚;)

幸いウインドウォッシャー噴射ですぐ溶ける程度だったので、助かりました。

もっと気温が低いと、こんなことしたら火に油状態なんですよね。

ちゃんと確認しないとダメですね。


そして例によってひたすら移動と撮影。

6:55 先ずは昨日すっかり真っ暗になってから下見した大分市内側のホーバーターミナルへ。

その後、大分空港へ。

期せずしてホーバークラフトの運航路線を陸路で移動することとなりました。

土曜日の朝でスイスイ走れる時間帯でしたが、それでも所要1時間ちょい。

市内の渋滞を昨晩タップリ味わったオイラとしましては、海路を設ける意味は十分あると思います。


DSC_2436_00001.jpgDSC_2435_00001.jpg
@大分空港第2駐車場

脚立、大砲持参のおっちゃん2名がフェンスに張り付いたため、ナニか珍しいヒコーキでもいるのかしらん。

と寄ってみたらホンダジェットでした(@Д@)

昨年青森の航空科学博物館にて展示機は見ましたが、運用中の機体をナマで見るのは初めてヽ( ゚∀゚)ノ

静岡空港が定置場の日本法人所有 JA01JP でした。

国内では最もメジャーなホンダジェットなんでしょうか。


13:10 九州で予定していた見学ポイント終了。

即山口県に移動することに。

さらば九州。

山口宇部空港の見学を終え、同じく山口県の次の見学ポイントに向うことに。

次の目的地は約145km先にある和佐水上機基地跡地。

到着予定時刻は17:11 と出ました。

撮影できる明るさのリミットは17:30なので、145kmも先なのに、20分しか猶予がありません。

ギャンブルなんですが、ともかく走り出しました。

ところが途中で渋滞表示が出て、到着予定時刻がじりじりと延びてきました。

時間帯が時間帯なだけに、この渋滞は解消されるどころか、ますます酷くなる可能性が高いです。

しばらく様子見しながら走ってたのですが、今回は止めにして、次回に回すことに。

残念。

今回の旅行での見学はこれで終了。

自宅に戻ります。


IMG_20240113_165151394_3_0.jpg
16:45 宮島SA にて夕食。

そして給油。

フィット4のタンク容量は40L。

24Lしか入らなかったけど、これでいいのだ。

ここから自宅まで約850km。

往路では満タンで(計算上)約1,000km走れたはずなので、これで余裕で自宅に着くハズ。

という計算で、ちょっとタイミング早いんですけど、ここで入れたのでした。

高速のガス代はやっぱり高いです。

(本当は和佐水上機基地跡地に寄って、高速に乗る直前の給油を目論んでた)

19:05 吉備SAにておやつ休憩

瀬戸内海側は今日も1日いいお天気だったのに、山陰方面はチェーン規制がかかってる。

20:30 三木SA着。

眠くなってきたのでココで車中泊することに。

20:55 寝る

おやすみなさい。

本日の走行距離:727km

(続きます)



再訪の場所は既存の記事に追記してあります。

大分空港 
草地飛行場跡地 
中津飛行場跡地 
旧北九州空港跡地 
北九州空港 
山口宇部空港 

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る