So-net無料ブログ作成

アメリカ・サリチェフ岬空港 [├海外の空港、飛行場]

   2018/01 作成:(情報は作成時のものです)   




無題f.png
skyvector.com

アラスカ州アリューシャン諸島ウニマク島西端のサリチェフ岬にある「サリチェフ岬空港」。

1958年4月開設のプライベート空港で、1067mx37m、579mx27m 2本の未舗装滑走路があります。

カタカナの「ト」に似てますね。

東西方向の滑走路の東端、ここから先も結構な長さの滑走路だったようですが、資料には使用不可とあります。

元々は冷戦期のレーダー基地用の空港でしたが、1969年9月にレーダー基地は使用しなくなり、

現在空港は米国魚類野生動物保護区の所有になっています。

岬の名称「サリチェフ」は、ロシア海軍のガブリル・サリーチェフ提督に由来しています。

1980年9月10日までの1年間に月平均33便の運航があり、その内訳は、ゼネアビ50%、エアタクシー50%でした。



     アメリカ・サリチェフ岬空港        
サリチェフ岬空港 データ
設置管理者:U.S. Fish & Wildlife Service
空港種別:Private
3レター:WSF
4レター:PACS
標 高:291 ft / 89 m
標 点:54°34′57″N 164°54′52″W
滑走路:(磁方位、長さ フィート、メートル、表面)
16/34 3500 x 120 ft. / 1067 x 37 m gravel
06/24 1900 x 90 ft. / 579 x 27 m    gravel
*EAST 1100' OF RWY CLSD AND UNUSABLE.

関連サイト:
Wiki/Cape Sarichef Airport  


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。