SSブログ

千島・武蔵湾(海軍)飛行場跡地 [├国内の空港、飛行場]

   2022/1更新(未訪問)  



2.png
1945年(昭和20年)5月調査資料添付地図 Translation No. 65, 12 May 1945, digest of Japanese air bases. Report No. 3-d(54), USSBS Index Section 6 (国立国会図書館ウェブサイトから転載)


幌延島南端にあった日本海軍の「武蔵湾飛行場」。

■防衛研究所収蔵資料「陸空-本土周辺-16飛行場記録(千島の部)第1復員局」の中に、

「武蔵湾(海軍)飛行場要図」があり、上のグーグルマップはこの要図から作図しました。

同「要図」に情報もありましたので、以下引用させていただきます。

位置
幌延島東南原武蔵湾東南台上

飛行場
海軍飛行場として滑走路、誘導路共に「アスファルト」舗装
完備し路外五十米宛整備除草しありて各機種の使用に
支障なし(滑走路以外"ツンドラ"にて使用不能なり)

施設
1.格納庫六棟中二棟完成し他は工事中なり(六棟は三〇x三七
 米にして大型機収容し得)
2.宿営施設は海軍兵舎は完備しあるも現派遣陸軍部隊
 は工事用「バラック」及漁場建築を借用居住しあり

気象
1.晴天少く四、五、六月頃に於て一ヶ月平均十日の降雨あり
2.霧の発生は冬季の他多発し時期に於ては 一日数回山岳中腹
 以上は霧に覆わる事多し
3.風速平均十米内外にして飛行に適する日数一ヶ月の1/3なり

交通
1.道路は海岸より兵舎飛行場に至る道路の他無く
 局地輸送は海上機関に依るの他なし
2.海上輸送は陸軍輸送船の他海軍連絡船三ヶ月に一回夏
 季民間漁業に於て一ヶ月三、四回あるのみ
3.揚陸場施設は不完全にして局地気象の影響とに依り冬季
 は風浪激しく遠浅なれば艀舟又は「ボート」を以ては接岸
 不可能にして揚陸物件の輸送に際しては小発、大発
 を携行せざれば揚陸作業不可能なり


■防衛研究所収蔵資料「陸空-本土防空-48飛行場記録 内地(千島.樺太.北海道.朝鮮.台湾を含む) 昭19.4.20第1航空軍司令部」

にも同じ要図と同じ情報がありました。




     千島・武蔵湾(海軍)飛行場跡地         
武蔵湾(海軍)飛行場 データ
設置管理者:日本海軍
種 別:陸上飛行場
所在地:幌延島東南原武蔵湾東南台上(現・サハリン州 セヴェロ=クリリスキー・ライオン)
座 標:50°00'56.8"N 155°23'54.0"E
標 高:10m
滑走路:1,280mx50m 2本(アスファルト)
方 位:03/21,10/28
(座標、標高、方位はグーグルアースから)  

関連サイト: 
ブログ内関連記事  

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料「陸空-本土周辺-16飛行場記録(千島の部)第1復員局」
防衛研究所収蔵資料「陸空-本土防空-48飛行場記録 内地(千島.樺太.北海道.朝鮮.台湾を含む) 昭19.4.20第1航空軍司令部」


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る