So-net無料ブログ作成

新潟県・笹岡航空基地(推定) [├場所]

   2019年9月 訪問  



無題5.png 
撮影年月日1947/09/24(USA R226 148) 
出典:国土地理院ウェブサイト(地理院データを加工して作成)

新潟県の笹岡に建設計画のあった「笹岡航空基地」。

存在は以前から知っていたのですが、新潟県には現在の阿賀野市と三条市の両方に笹岡村があったため、

どちらの笹岡なのか長いこと絞り込めなかったのでした。

防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)の中に、

当航空基地の情報がありました。

以下引用させて頂きます。

位置:新潟県北蒲原郡笹岡 
基地名:笹岡 
最寄駅よりの方位距離:信越線水原駅E4 
建設の年:1945
飛行場:方向NNE
主要機隊数:小型 
主任務:退避 
其の他 記事:工事中


基地の位置として、「新潟県北蒲原郡笹岡」、また最寄り駅は、「信越線水原駅E4」とあります。

これで、三条市ではなく、「現阿賀野市の笹岡」と確定したのでした。

オイラが日ごろ大変お世話になっておりますサイト「おお牧場はみどり!」(下記リンク参照)では、

笹岡航空基地の位置として、「郡山の北西110km」とあり、先の資料に出てくる「信越線水原駅E4」とは、

ビックリする程ピッタリ同じ位置を示しています(先頭のグーグルマップ青マーカー)。

ということで、この周辺にあったはずなのですが、上記資料では「工事中」とあり、

「おお牧場はみどり!」では、「未着工」とあります。

当基地はググっても他に資料がなく、滑走路の向きが北北東であること以外、

詳しい位置、滑走路の長さも不明で、

1947年の航空写真で周辺を見ても、オイラには滑走路跡らしきものは見つけられませんでした。

「工事中」といっても、実際には測量程度しかしてなかったのかもしれません。


それで、「主要機隊数:小型 主任務:退避」とあることから、滑走路の長さを600mx30mと仮定して、

当時の航空写真から飛行場適地を探したのでした。

先ず目についたのが、航空写真の(B)地点でした。

この周辺では比較的スッキリした環境で、しかも現在この周辺では唯一滑走路の向きと同じ地割になっています。

但し、ここに600mx30mの滑走路を建設するとなると、

防風林に囲まれた集落や道路に近接して非常に窮屈になってしまいます。

ということでオイラとしましては、航空写真の(A)の位置が最も適地なのではないかと思いました。


余談ですが、Wiki/笹岡村 (新潟県北蒲原郡)によりますと、

「1956年(昭和31年)9月30日 - 北蒲原郡神山村と合併し、笹神村となり消滅」

とありました。

前述の通り、現在は阿賀野市の一部となって残っているのですが、

終戦から間もなく村としては消滅してしまったんですね。


DSC_0005.jpg
オイラとしては、ここから画面奥に向かって滑走路を建設しようとしていたのではないかと思うのですが。。。




     新潟県・笹岡航空基地(推定)         
笹岡航空基地(推定) データ
設置管理者:海軍
種 別:退避
所在地:新潟県北蒲原郡笹岡(現・阿賀野市蒔田?) 
座 標:N37°50′29″E139°15′37″?
標 高:147m
滑走路:600mx30m?
方 位:01/19?
(座標、標高、はグーグルアースから)

沿革
1945年 工事中(未着工とする資料あり)

関連サイト:
おお牧場はみどり! 
ブログ内関連記事 

この記事の資料:
防衛研究所収蔵資料:「海軍航空基地現状表(内地の部)」(昭和二十年八月調)


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。